第19回工芸美術 日工会展

自由な創作が生む多彩な工芸美術、215点を一堂に。
工芸美術日工会は、作家自由意思を尊重し、個性ある作家活動を通して質の高い工芸を創造し、日本文化の発展と振興に寄与することを目的としています。この展覧会は日工会会員の作品と全国公募により入選した作品を加え、陶芸・漆芸・染色・金工・人形・和紙・皮革・木工など215点の力作を一堂に展覧するものです。

会場:東京都美術館第三展示室2F (東京都台東区上野公園内)
会期:2009年6月24日(水)~6月29日(月)
開場時間:午前9時~午後4時30分
       ※ただし、最終日29日(月)は午後12時30分閉会
入場料:無料
主催:工芸美術日工会・日本経済新聞社
後援:文化庁・東京都

ギャラリートーク:会期中5日間(午後2時より開催)
24日(水)海内保・川西重治
25日(木)加藤令吉・中島正悟
26日(金)谷口勇三・明石研一
27日(土)原典生・安達雅一
28日(日)原正樹・松山香代子
お問い合わせ:日工会事務局 TEL077‐525-4834

終了しました
e0126489_12475249.jpg

by yachuda | 2009-06-11 12:48 | 展覧会情報