第22回 日本陶芸展

実力日本一の作家を選ぶ日本陶芸展。
1971年の創設以来、2年に一度のビエンナーレ方式で開催され、今年で22回を迎えました。
国内最大級の公募展です。第1部(伝統部門)、第2部(自由造形部門)、第3部(実用部門)で構成。扉はあらゆるジャンルに開かれて、会派にとわれない自由さが大きな魅力です。審査員は研究者や評論家が中心。公平で開かれた視点を大切にしています。今回は662点の応募作品の中から、134点の入賞・入選作品が決定しました。本展覧会のもうしとつの柱は、日本陶芸界を代表する巨匠や気鋭の有望作家らによる招待部門です。今回は15人の作家の珠玉の逸品がそろいました。伝統と新しい価値観が織りなす土と炎の芸術をご堪能下さい。(日本陶芸展チラシより)

会場:大丸東京店11階催事場
会期:2013年4月3日(水)~4月9日(日)
開催時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※会期中の木曜日・金曜日は午後8時30分まで(午後9時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
入場料:一般800円(600円)・大高生600円(400円)・中学生以下無料
※( )は優待料金・10名以上の団体
 DAIMARUCARD/マツザカヤカード/大丸松坂屋友の会カードをお持ちの方
主催 :毎日新聞社
後援 :文化庁
特別協賛 :TOTO

終了しました。

e0126489_19502712.jpg

by yachuda | 2013-04-01 10:27 | 展覧会情報