第22回 日本陶芸展 高浜展

百陶繚乱 日本一決定!
日本陶芸展は、あらゆる陶磁器作品を対象とした日本最大規模の公募展です。「実力日本一の作家を選ぶ」というコンセプトのもと1971年に創設されて以来、隔年で開催され、今回で22回目を迎えました。
展示のうち、公募部門は第1部(伝統部門)、第2部(自由造形部門)、第3部(実用部門)に分かれています。審査員は陶芸家ではなく、美術評論家や研究者を主体としており、公平で開かれた審査が特徴です。かつての審査員には川端康成、白洲正子、谷川徹三なども名を連ねていました。
今回は計662点の応募作品の中から、厳正な審査を経て、134点の入賞・入選作品が選ばれました。これに招待部門として重要無形文化財保持者(人間国宝)2名を含むベテランの陶芸作家による15点と、今回は第1回展優秀作品賞受賞者のゲルト・クナッパーの追悼作品1点を加えた、計150点の作品を展示します。(HPより抜粋)

開催場所:高浜市やきものの里かわら美術館
〒444-1325 愛知県高浜市青木町九丁目6番地18
会期:平成26年1月25日(土)~3月9日(日)
休館日:毎月曜日 
開館時間:午前9時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
入場料: 
高校生以上600円(480円)、中学生以下無料
※( )内は前売り、高浜市内居住者および20名以上の団体料金
※75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、各種割引あり
主催:高浜市やきものの里かわら美術館・毎日新聞社
後援:文化庁・愛知県教育委員会・高浜市・高浜市教育委員会
     高浜市観光協会・NHKプラネット中部・名古屋鉄道株式会社
特別協賛:TOTO
展覧会の関連イベント等は下記、かわら美術館HPをご覧ください。
http://www.takahama-kawara-museum.com
終了しました。
e0126489_15443168.jpg

by yachuda | 2014-01-09 15:36 | 展覧会情報