生誕100年記念 富永直樹展 茅野展

地域にゆかりの深い作家を紹介してきた茅野市美術館では、彫刻家・富永直樹(1913-2006)の生誕100年を記念した展覧会を開催します。富永直樹は、1913年長崎県長崎市に生まれました。東京美術学校(現東京藝術大学美術学部)彫刻科在学中の1936年に《F子の首》によって文展(後の日展)に初入選して以来、日展を主な舞台に活躍した彫刻家です。1983年には茅野市蓼科にアトリエを構え、以降は東京と蓼科を制作拠点としました。本展では、作品を見て触れて感じて欲しいという作家の遺志を受け、一部ブロンズ作品に触れて頂ける展示を行ないます。この機会に、視覚だけではなく触角を通して富永芸術の魅力を堪能していただければと思います。富永は「作家たる前に人間であれ」と語り創作活動を続けました。本展では、日展出品作を中心とした彫刻作品および関連資料、総数約70点により、その歩みをみつめます。(茅野市美術館HP抜粋)

会場:茅野市美術館
〒391-0002長野県茅野市塚原一丁目1番1号
○JR中央本線・茅野駅下車、東口直結
○中央自動車道・諏訪ICより車で約12分
会期:平成26年4月19日(土)-5月18日(日)
開館時間:10:00-18:00(4月19日は10:30から開展式を開催し、終了後に開場)
休館日:毎週火曜日(ただし火曜日が祝日の場合は、その直後の休みでない日)
観覧料:一般500円(300円) 高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料。
主催:茅野市美術館、富永直樹展実行委員会
企画協力:長崎県美術館
協力:NPO法人サポートC美遊com.
後援:長野県、長野県教育委員会、茅野市、茅野市教育委員会、岡谷市教育委員会、諏訪市教育委員会、下諏訪町教育委員会、富士見町教育委員会、原村教育委員会、諏訪教育会、信州美術会、諏訪美術会、茅野市美術協会、岡谷市美術会、諏訪市美術会、下諏訪美術会、富士見美術会、信濃毎日新聞社、長野日報社、信州・市民新聞グループ(7紙)、長野エフエム放送、エルシーブイ株式会社、月刊ぷらざ、JR東日本 長野支社、諏訪地方観光連盟、信州諏訪農業協同組合
問合せ:茅野市美術館 (茅野市民館内)
受付時間 9:00~20:00 (休館日:毎週火曜日)
Tel.0266‐82‐8222 Fax.0266‐82‐8223

関連イベント

美術を語る「富永直樹」
ゲスト:野中明(長崎県美術館学芸員)
日時:平成26年4月19日(土)13:30-
会場:茅野市美術館
参加費:無料(要展覧会チケット)
きてみて!親子ギャラリーツアー
ガイド:茅野市美術館サポーター、学芸員
日時:平成26年4月27日(日)11:00- 
会場:茅野市美術館
参加費:無料
(対象は小中学生とその保護者。保護者の方は1名無料。会場入口に5分前に集合)
きてみて!ギャラリーツアー
ガイド:茅野市美術館サポーター、学芸員
日時:平成26年5月6日(火・休)14:00- 
会場:茅野市美術館
参加費:無料(要展覧会チケット)
学芸員によるギャラリートーク
日時:平成26年5月10日(土)11:00-、5月18日(日)14:00-
会場:茅野市美術館
参加費:無料(要展覧会チケット)
終了しました。
e0126489_11535061.jpg
e0126489_11542340.jpg

by yachuda | 2014-03-31 11:56 | 展覧会情報