招き猫亭コレクション猫まみれ展 尾道展

猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊弦一郎ら近現代美術の巨匠たちが描いた猫など、多彩な猫作品約240点を展示

会場
尾道市立美術館
〒722-0032 広島県尾道市西土堂町17-19(千光寺公園内)
TEL. 0848-23-2281
会期
平成29年3月18日(土)~5月7日(日)
休館日
毎月曜日(祝日は開館)
観覧料
大人/800円、高大生/550円、中学生以下無料
〔前売は各200円引、団体(20名以上)は各100円引〕
※70歳以上、身障者は、証明できるものを提示により無料
主催
尾道市立美術館・中国新聞備後本社
後援
広島県・NHK広島放送局・尾道エフエム放送・ちゅピCOMおのみち・エフエムふくやま
協力
招き猫亭
企画協力
アートシード
会期中の各種イベント他のお問い合わせ
尾道市立美術館(tel.0848-23-2281)まで

e0126489_1584279.jpg

by yachuda | 2017-03-03 14:58 | 展覧会情報