第24回日本陶芸展 大丸東京店

「日本陶芸展」は1971(昭和46)年にスタートしました。以来、2年に1度のビエンナーレ方式で開催し、今年で第24回を迎えます。会派や流儀にとらわれない自由な公募展で、応募点数は日本最大規模。審査員はこの道「第一線」の研究者や評論家で構成します。公正で客観的な審査により、「実力日本一」の作家を選びます。展覧作品は、グランプリの大賞・桂宮賜杯、準大賞・日本陶芸展賞、文部科学大臣賞、毎日新聞社賞、茨城県陶芸美術館賞、TOTO賞をはじめとした入賞・入選作と、人間国宝を含む巨匠らに制作依頼した招待作品をあわせた計150点です。

会場
大丸東京店11階催事場
〒100-6701東京都千代田区丸の内1-9-1
会期
平成29年4月6日(木)~11日(火)
入場時間
10:00~19:30(20:00閉場)
※会期中の木・金曜日は、20:30まで(21:00閉場)
※最終日11日は16:30まで(17:00閉場)
入場料
一般800円(600円)・大高生600円(400円)・中学生以下無料
※( )内はご優待料金です。前売および10名様以上の団体。大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カードをお持ちの方。
主催:毎日新聞社
後援:文化庁
特別協賛:TOTO

ギャラリートーク
4月6日(木)14:00~ 武田厚=美術評論家
4月8日(土)14:00~ 竹内順一=東京藝術大学名誉教授
4月9日(日)14:00~ 外舘和子=工芸評論家・多摩美術大学兼任講師
4月10日(月)14:00~ 金子賢治=茨城県陶芸美術館館長

e0126489_1223267.jpg

by yachuda | 2017-04-01 11:48 | 展覧会情報