山本澄江の世界-祈りの道

山本澄江は、夫である彫刻家山本眞輔を支えながら、心象風景に植物や人物を組み合わせた他に類を見ない印象的な絵画を描き続けています。愛知教育大学美術科時代よりペン画の魅力に取りつかれ、イタリア国立ローマアカデミア留学を経て、第1回上野の森美術館「日本の自然を描く展」(1988年)では文部大臣奨励賞を受賞するなど、高い評価を得てきました。(古川美術館HP抜粋)

会場
爲三郎記念館(古川美術館分館)
〒464-0066 名古屋市千種区池下町2丁目50番
TEL 052-763-1991
会期 
平成29年6月20日(火)~7月23日(日)
休館日
毎週月曜日
※7月17日(月・祝)は開館、翌日18日(火)休館
開館時間 
午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
入館料
古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券
一般/1000円
高校生・大学生/500円
小学生・中学生/300円
※土曜日及び夏休み期間は小・中学生は入場無料
主催 
公益財団法人古川知足会 
後援
愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社

e0126489_13464524.jpg
 
by yachuda | 2017-06-01 13:47 | 展覧会情報