実力日本一の陶芸作家を選ぶ「第20回日本陶芸展」の参加作品を募集しています。
08年12月中に出品申し込みを受け、09年1月、作品搬入、2月上旬に結果発表をする予定です。
4月以降、東京と大阪の大丸ミュージアム、茨城県陶芸美術館の3カ所で本展を開催します。
日本陶芸展は1971年、会派や団体にとらわれずに審査することをうたって始まった公募展です。
隔年で開催され、現代の日本の陶芸を代表するトップレベルの作品が一堂に会します。

主催/毎日新聞社
後援/文化庁
協賛/M&Y事務所
協力/(株)新柳北信、東京美術倶楽部

日本陶芸展に作品応募の方は下記期間中に出品料振込申込を行ってください。
振込期間:2008年12月1日(月)~同22日(月)
日本陶芸展事務局
〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社 事業本部内
電話 03-3212-0189 FAX 03-3284-1604
(お問い合わせは平日のみ10時~18時。年末年始は除く)

日本陶芸展に関する詳しい内容及び募集要項などは下記毎日新聞社HPをご覧下さい
毎日新聞社ホームページ 第20回日本陶芸展作品募集



弊社は日本陶芸展御指定の委託輸送による搬入業者です。
委託搬入等に関するお問い合わせは、ご気軽にご連絡下さい
㈱谷中田美術 第20回日本陶芸展係 TEL03-3823-1539

公募期間は終了しました
by yachuda | 2008-09-10 11:18 | 展覧会情報

菊地ビエンナーレは、21世紀の陶芸界の新たな展開を探ることを目的に、隔年で全国から作品を公募し、優れた作品を展示する財団法人菊池美術財団の取り組みです。
2004年度に公募した第1回には123点の応募があり、厳正なる審査の結果、特別大賞を含む37点の入選作品が選ばれました。これらの作品は、翌年の第1回菊池ビエンナーレ展(2005年4月9日~5月15日)にて展示されました。また、2006年度に公募した第2回には第1回を上回る267点の応募を頂いた結果、44点の作品が入選となりました。
このほど、第3回菊池ビエンナーレ展の作品募集を行います。

菊池寛実記念 智美術館は、現代陶芸のコレクターである菊池智のコレクションを公開するため2003年4月に開館いたしました。東京都港区虎ノ門に新しく建てられたライムストーンの外壁を持つ西久保ビルの地下一階にあります。

第3回菊池ビエンナーレ展

展覧会会場:菊池寛実記念 智美術館
〒105-0001東京都港区虎ノ門 4-1-35
TEL03-5733-5131(代表)
展覧会会期: 2009(平成21)年4月初旬~6月中旬(予定)
主催:財団法人 菊池美術財団
第3回菊池ビエンナーレ展に関する詳しい内容は菊池寛実記念智美術館HPをご覧下さい
菊池寛実記念 智美術館ホームページ

公募期間は終了しました
by yachuda | 2008-09-09 15:38 | 展覧会情報

日本国内最大級の公募展(日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書)

会場  国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
      (東京メトロ千代田線 乃木坂駅から直結)
会期   2008年10月31日(金)~12月7日(日)
観覧時間   午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
         金曜日は午後8時まで(入場は午後7時30分まで)
         ※ただし、初日10月31日(金)は午後6時で閉場
休館日   毎週火曜日
入場料
一般 1,200円 高・大学生 700円
[前売券・団体券]一般800円 高・大学生400円
※「小・中学生無料鑑賞券」制度あり (希望学校あて配布)
※団体券は20名以上。20枚購入につき招待券1枚を進呈。
※入場券はJR東日本の主なみどりの窓口・びゅうプラザ、チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイドほか主要プレイガイド、デパート友の会、画廊 、画材店、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、東京メトロ定期券うりば(丸ノ内線東京駅を除く)などで発売中。
※東京メトロは一般券のみ。
ペアチケット: 1枚 1,400円 (前売りコンピューターチケットのみ)
※お二人で入場の方、またはお一人で会期中2回入場いただく方にお得なチケットです。
※他の割引との併用はできません。
※前売ペアチケットはJR東日本の主なみどりの窓口・びゅうプラザ、チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイド、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行で発売中。
トワイライト・チケット :(時間限定入場券・会場窓口販売)
※観覧時間: 午後4時30分~午後6時 (毎週金曜日は午後8時まで)
※ただし初日10月31日(金)は午後6時で閉場いたします。
一般300円 高・大学生200円
第40回特別企画 満40歳の無料招待特典
第40回開催にちなんで、今年満40歳になる昭和43年(1968年)生まれの方を入場料無料でご招待します。
※日展会場1階入場券売場割引窓口(六本木側)で、運転免許証、パスポート、各種健康証などの生年月日がわかる本人確認書類(コピーも可)をご提示願います。
主催  社団法人日展
後援  文化庁

第40回日展に関する詳しい内容などは下記の日展HPをご覧下さい
社団法人 日展ホームページ

終了しました。
by yachuda | 2008-09-08 18:49 | 展覧会情報

第49回 日本版画会展

会場   東京都美術館
      〒110-0007東京都台東区上野公園8-36
会期   11月23日(日)~29日(土)
開催時間  午前9時〜午後5時 入場はPM4:00まで。
        (最終日はPM3:00で終了)
入場料  無料
主催  日本版画会
後援  文化庁 東京都 読売新聞東京本社

応募資格    年齢・国籍など一切問いません。
応募作品規定
未発表の版画(凸版・凹版・平版・孔版など版を主体とした)作品。
一人3点迄(1,2 部門を含めて)
・第1部門 額外寸1.8m×2m〜40cm×50cm迄
・第2部門 額外寸40cm×50cm未満(デッサン額 四ツ切を含む)
※額装のこと(アクリル等の使用が望ましい。ガラスは不可)
出品料
7,000円(3点迄)※10月23日迄に郵便局より払い込み下さい。
郵便振替 00170-3-413040 日本版画会
出品料の払い込みのない場合、作品は審査の対象とせず、料金着払いにて返送します。
出品手続
「応募申込票」「作品受領書」(別紙)に必要事項を楷書でもれなく記入し、封筒に入れて作品と共に提出して下さい。額の裏面右上に「作品貼付票」を貼って下さい。
応募方法
委託配送搬入受付 10月15日〜21日迄
※宅配、郵便等で作品に応募申込票を同封して下記宛先まで送付下さい。
(株)谷中田美術 日本版画会展係 〒113-0023 東京都文京区向丘2-33-5 
TEL03-3823-1539 FAX03-3821-4476

直接搬入の方 10月23日木10:00〜16:00 
上記(株)谷中田美術 2階 日本版画会展受付にて搬入して下さい。
作品返却方法
委託業者搬出 
入選、選外作品共に展覧会終了後、(株)谷中田美術より着払いで返送します。(梱包、送料は自己負担) ※応募者の住所、氏名が不明瞭等の理由で、返送作品が主催者側に返送され、一定期間経過しても応募者から連絡のない場合所有権を放棄したものとみなし、主催者側で自由に処分致します。
直接搬出 
申込票の搬出方法の欄に必ず「直」と書いて下さい。 
日時: 11月30日㈰ 10:00〜15:00(時間厳守) 
場所: 東京都美術館搬出口地下3階本会受付にて作品受領書を提示し手続を行います。手続のないものは委託業者搬出で業者より返送します。(費用は自己負担)
審査・陳列 
出品作品は全て当会の審査を経て、入選作品を陳列し、優秀な作品には賞を贈ります。
入選発表  入選、選外共に結果は11月7日頃に書面で通知します。
その他 
陳列作品は如何なる理由があっても会期中は搬出できません。出品作品については本会で充分保管に留意しますが、不慮の災害にはその責任は負えません。額の発送に関しては強度、梱包に充分配慮して出品して下さい。審査、陳列についての異議の申立ては認められません。作品売却の時は、売価の2割を本会に納めて下さい。
お問い合わせ
日本版画会事務局
〒355-0037 埼玉県東松山市若松町1-5-10 小暮真望 セリグラフ工房方
Tel&Fax 0493-24-8791
一般応募の申込票は下記日本版画会HPにてダウンロードできます
日本版画会ホームページ
終了しました。
by yachuda | 2008-09-07 10:18 | 展覧会情報

紙に技あり。情景にドラマあり。
どこかで見たような、日常生活や映画のワンシーンのような風景を紙だけでつくり出す奥深いペーパーアートの世界。本展は2002年のTVチャンピオンペーパークラフト王選手権でチャンピオンとなった太田隆司の情緒漂うペーパーアートのすべてを紹介する展覧会です。

会場
沖縄三越6Fイベントプラザ〒900-0013
沖縄県那覇市牧志2-2-30 TEL 098(862)5111
会期
11/18(火)~11/24(月・振) 
開館時間
午前10時~午後7時30分(入場は閉会時間の30分前まで)
最終日は午後5時開会
入場料
一般・大学生 税込500円
※高校生以下は入場無料
※「障害者手帳」を開示いただいたご本人ならびに同伴者1名まで入場無料
※沖縄三越カードをご提示の方は無料。(ご本人のみ)
後援
沖縄テレビ放送・琉球朝日放送・琉球放送・NHK沖縄放送局・沖縄タイムス社・琉球新報社
・FM沖縄・ラジオ沖縄

終了しました
by yachuda | 2008-09-06 15:48 | 展覧会情報

新制作協会彫刻部会員 石川浩先生の個展です。
会場
東邦画廊 〒104-0031東京都中央区京橋3-9-2
会期
2008年11月4日(火)~11月22日(土) (日・祭日は休廊です)
開催時間
午前11時から午後7時まで
お問い合わせ
東邦画廊 TEL03-3562-6054
http://www.tohogarou.com

終了しました
by yachuda | 2008-09-06 14:49 | 展覧会情報

漆と竹の作家、池田巖(1940~)は、花生や茶器などの茶の湯のための器物を主に制作し素材の魅力を生かしたシャープで現代的な作風は高い評価を受けています。
本展覧会では、3メートル近い大きさの最新作から古典的な茶器まで、これまでの池田の仕事を作家自選の60点余の作品によりご紹介します。

会場
菊池寛実記念 智美術館
〒105-0001東京都港区虎ノ門 4-1-35  TEL03-5733-5131(代表)
会期
2008年10月4日(土)~11月24日(月・祝)
開館時間
午前11時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
休館日
毎週月曜日 (10月13日、11月3日、11月24日の月曜祝日は開館)
        (10月14日、11月4日を休館日)
主催財団法人 菊池美術財団
協賛京葉ガス株式会社
観覧料
一般     1,300円
大学生      800円
小・中・高生   500円
※未就学児は無料。
※障害者手帳をご提示の方、およびその介護者1名は無料となります
関連イベント
呈茶会・鼎談「池田巖の変貌を振りかえる」 ※要事前予約
池田巖氏、菊池智(菊池美術財団理事長)、林屋晴三(智美術館館長)
日時: 2008年11月1日(土)15:00~16:30
会場: レストラン ヴォワ・ラクテ(智美術館1階)
会費: お一人様5,000円(観覧料を含む)
定員: 50名
対談「『守・離・破』の芸術、あるいは竹と漆の極限へ」
木下長宏氏(近代芸術思想史)、池田巖氏
日時: 2008年10月18日(土)15:00~16:30
会場: 智美術館展示室
会費: 観覧料にてご聴講いただけます
対談「飛躍する手、飛躍する目」
林卓行氏(美術批評、玉川大学芸術学部准教授)、池田巖氏
日時: 2008年10月25日(土)15:00~16:30
会場: 智美術館展示室
会費: 観覧料にてご聴講いただけます
学芸員によるギャラリートーク
日時: 2008年11月8日(土)14:00~
会場: 智美術館展示室
会費: 観覧料にてご聴講いただけます
作家によるギャラリートーク
日時: 2008年11月22日(土)14:00~
会場: 智美術館展示室
会費: 観覧料にてご聴講いただけます

※ 関連イベントの開催につきましては、内容が変更になる場合がございます。
     詳細はお問合せください。(TEL: 03-5733-5131)
e0126489_2253611.jpg


終了しました
by yachuda | 2008-09-05 22:48 | 展覧会情報

会場   茅野市美術館
             〒391-0005 長野県茅野市仲町1番22号茅野市民館内
             Tel:0266-82-8222 / Fax:0266-82-8223
             e-mail:ccc@chinoshiminkan.jp
会期   平成20年10月8日(水)~11月3日(月・祝)
休館日  毎週火曜日(ただし火曜日が祝日の場合は、その直後の休日でない日)
開館時間  10:00~19:00
観覧料    一般500円(300円) 
        高校生以下無料
        ※障害者手帳、療育手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料
        ※(  )内は前売・20名以上の団体料金
主催 茅野市美術館

終了しました
by yachuda | 2008-09-01 12:55 | 展覧会情報