第41回 日展 大分展

日本最大規模の総合公募美術展「日展」の大分巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する日展会長、顧問、理事、監事、参事、参与、評議員、会員、新審査員、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞、特選などの代表作品273点(全国巡回指定作品)と地元出品作品27点の合計300点を展示

会場  大分県立芸術会館(大分市牧緑町1-61)
会期  平成22年7月8日(木)~平成22年8月8日
休館日 毎月曜日(月曜日が祝日の場合は開館。翌日が休館)
開館時間 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで) 
      ※金曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
      ※初日7月8日は10時から一般公開
入場料 
一般:当日券1,200円 (前売券・団体1,000円)
高大生:当日券1,000円 (前売券・団体800円)
小中生:無料
※団体は20名以上
以下の方は無料
毎週土曜日の高校生等の観覧
県内高等学校等の教育課程に基づく教育活動としての観覧(要事前申込)
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方とその付添いの方1名
児童福祉施設等入所者及び引率者の教育、訓練、更生等のための観覧(要事前承認)

主催 大分県立芸術会館
共催 大分合同新聞社  社団法人日展
後援 
大分市/ 大分市教育委員会/ 別府市/ 別府市教育委員会/ 大分県市長会/ 大分県町村会/ 大分県市町村教育委員会連合会/ 大分県芸術文化振興会議/ 大分県美術協会/ 大分商工会議所/ JR九州大分支社/ 立命館アジア太平洋大学/ NHK大分放送局/ OBS大分放送/ TOSテレビ大分/ OAB大分朝日放送/ エフエム大分/ OCT大分ケーブルテレコム
協賛
株式会社大分銀行/大分トヨタ会/医療法人玄真堂川蔦整形外科病院/有限会社コトブキヤ文具店/株式会社三清社/新日本製鐡株式會社大分製鐡所/財団法人日本教育公務員弘済会大分支部
お問合せ
大分芸術会館
(代表)TEL 097-552-0077 FAX 097-552-0080
HP http://geijutukaikan-b.oita-ed.jp/
終了しました
e0126489_157628.jpg
 
by yachuda | 2010-06-30 15:07 | 展覧会情報

第40回 日彫展

会場   
国立新美術館 3F 展示室 3A (東京都港区六本木7-22-2)
会期   
平成22年6月23日(水)~7月5日(月) 
休館日
6月29日(火)
午前10時~午後6時(入場5時30分まで)
(最終日の入場は午後2時まで午後3時閉会)
入場料
一般 700円 ※団体20名以上は1人400円
学生(中・高・大) 400円 ※団体20名以上は1人300円
小学生 100円
日曜日(6月27日、7月4日)入場無料
身体障がい者手帳をお持ちの方、及び付添2名まで入場無料 就学前児童・70歳以上入場無料
※期間中国立新美術館で開催中の企画展のチケットをご持参いただきますと、
 次のように割引致します。
一般 700円⇒500円
学生(中・高・大)400円⇒200円
小学生 100円⇒無料
※日彫展の招待券などをご持参いただきますと、期間中国立新美術館で開催中の
 次の企画展を割引料金でご覧いただくことができます。
「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」⇒00円引き
「ルーシー・リー ウィーン、ロンドン、都市に生きた陶芸家」⇒100円引き
作品搬入   
国立新美術館 地下1階作品搬出入口(日彫展受付)
搬入日時 
6月11日(金)午前10時30分~午後4時 
6月12日(土)午前10時~午後2時
※ 期日前の搬入、及び美術館宛の搬入、「国立新美術館気付け○○○御中」等は受付けない。
※ 個人搬入以外の宛先は、当会賛助会員の谷中田美術・岡村美術運送店・田中運送・善信社運送の各  美術運送社宛とする。但し、個人により以前から取引のある業者はこの限りではない。
※ 床にキズがつかないように作品の裏には処理を施すこと。
※ 個人搬入の作品は解梱した状態で搬入し梱包資材は必ず持ち帰ること。
※ 美術館駐車場の利用については作品搬入・車両についての諸注意を遵守すること。
出品点数規格   
1人1点(但し 高さ2.3m・幅、奥行き各1.5m・重量1,000kg以内とする)
出品手数料   
一般応募者 12,000円(図録1冊贈呈)
入選発表   
6月18日(金)午後3時  日彫会ホームページにて発表
   
優秀な作品には次の賞を授与する。
 日彫賞  3名以内 正会員・会友
 優秀賞  5名以内 正会員・会友
 新人賞  5名以内 入選者(一般応募者)
 西望賞  全出陳作品を対象
(但し、理事・監事及び前年度までの日本芸術院賞、日展における大臣賞・会員賞、日彫展における西望賞受賞者の作品を除く)
災害   
搬入作品に対して 本会に於いては充分に注意するが、不慮の災害及び紛失や破損等に対しては、
その責任を負わない。なお、保険加入については個人の判断で行うものとする。
作品搬出   
陳列外作品(選外) 
国立新美術館 地下1階作品搬出入口(日彫展受付)
日時  6月22日 (火) 午前10時~午後2時
陳列作品  
国立新美術館 地下1階作品搬出入口(日彫展受付)
日時  7月5日(月)午後3時30分~午後6時30分
    7月6日(火)午前10時~正午
※ 上記期間中に搬出なき場合は、その作品に対し本会は責任を負わない。期間を過ぎると作品を本会から業者に移管するため、業者の請求する保管料を支払うこと。
※ 美術館駐車場利用については搬入同様、諸注意を遵守すること。
その他
鑑査・審査及び陳列についての異議は受理しない。
出品作品のうち理事会に於いて不適当と判断した作品は陳列しない事もある。
お問合せ・ご連絡先
社団法人日本彫刻会 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-18-202 
               tel:03-3209-1861・fax:03-3232-0557
               Mail webmaster@niccho.com
               HP  http://www.niccho.com/
終了しました
e0126489_14214268.jpg

by yachuda | 2010-06-10 13:52 | 展覧会情報

全国公募2010 陶芸財団展

2007年の開催より陶芸財団展は文化庁後援となり、会場も東京都港区六本木の国立新美術館の開催となる。陶芸財団展は多数の賞を交付し、育てる財団という理念により、人材育成や普及の一役を担うと共に市民に芸術文化の鑑賞の場を供している(財団法人陶芸文化振興財団HPより)

会場:国立新美術館3B  東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期:平成22年6月23日(水) ~ 7月4日(日)
休館日:火曜日  
開場時間:10:00〜18:00(入場〜17:30、最終日のみ入場〜17:00)
入場料:無料
主催:財団法人陶芸文化振興財団
後援:文化庁
お問い合わせ:陶芸財団展事務局(℡:048-664-9323)
詳しくは財団法人陶芸文化振興財団HPまで
http://www1.ocn.ne.jp/~tougei/
終了しました
e0126489_1205636.jpg

by yachuda | 2010-06-01 12:01 | 展覧会情報

第41回 日展 金沢展

日本最大規模の総合公募展「日展」の金沢巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する日展会長、顧問、理事、監事、参事、参与、評議員、会員、新審査員、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞、特選などの代表作品273点(全国巡回指定作品)と地元出品作品123点の合計396点を展示

会場: 石川県立美術館 (金沢市出羽町2-1)
    Tel. 076-231-7580
会期: 平成22年5月22日(土)~平成22年6月13日(日)
休館日: 会期中無休
開館時間: 午前9時30分~午後6時  ※入場は閉場時間の30分前まで
入場料:
一般 当日券1,000円(前売り券900円・団体800円)
中学生 当日券700円(前売り券600円・団体500円)
小学生 当日券400円(前売り券300円・団体300円)
※団体は20名以上
主催: 北國新聞社・社団法人日展・日展石川会
後援: 石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会、財団法人石川県芸術文化協会、財団法人石川県美術文化協会、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、金沢ケーブルテレビネット
お問合せ:
北國新聞社事業局
TEL:076-260-3581
Eメール:jigyo@hokkoku.co.jp
終了しました
by yachuda | 2010-06-01 11:48 | 展覧会情報