第42回日展 富山展

第42回日展本展の出品作品(日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門)の中から指定された全国巡回作品274点と、富山県地区の地元作家による入選作品86点を陳列します。現代日本美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人の作品まで約360点が一堂に展覧されます

会場:富山県民会館美術館
(富山市新総曲輪4-18) Tel. 076-432-3111
会期:平成23年4月23日(土)~平成23年5月15日(日)
休館日:会期中無休  
開館時間:午前9時30分~午後6時 (入場受付は午後5時30分まで)
入場料:一般:当日券1,000円 前売り券900円 団体800円
     高校・大学生:当日券500円 団体300円
     小学・中学生:当日券200円 団体100円
     ※団体20名以上
主催: 北日本新聞社 (財)富山県文化振興財団富山県民会館 社団法人日展
問い合わせ: 北日本新聞社事業局事業部 Tel.076-445-3355
終了しました。
e0126489_11204974.jpg

by yachuda | 2011-03-23 11:34 | 展覧会情報

第33回 日本新工芸展

会場: 国立新美術館  東京都港区六本木7-22-2
    交通  東京メトロ千代田線乃木坂駅(6出口直結)
会期: 平成23年5月11日(水)~5月22日(日)
休館日: 5月17日(火)
開催時間:午前10時~午後6時
※東北地方太平洋沖地震の影響により開催時間が変更になる場合が御座います。
主催: 社団法人 日本新工芸家連盟
後援: 文化庁・東京都・NHK

出品要綱
作品寸法
(A)立体一器物40cm立方以内 その他は60cm立方以内(容積換算)
(B)平面-たて200cm、よこ180cm以内(屏風を含む、外装共)
(C)棚類-たて180cm、よこ150cm、奥行50cm以内 
(D)重量いずれも60kg以内
出品料 公募作品1点につき8,000円(但し、2点以上は1点につき4,000円づつ加算)
事故対策費 会員作品・公募作品共1点につき1,000円
出品点数  公募出品は制限無し 会員は1点
授賞
会員作品  内閣総理大臣賞1名 文部科学大臣賞1名 上野の森美術館賞1名 
        帖佐美行記念賞1名 会員賞5名 会員佳作賞若干名
公募作品 東京都知事賞1名 NHK会長賞1名 上野の森美術館奨励賞1名
       日本新工芸賞4名 会友賞1名 日本新工芸奨励賞若干名
搬入場所  
株式会社谷中田美術 東京都文京区向丘2-33-5 TEL03-3823-1539
搬入日時  平成23年4月7日(木)・8日(金)午前10時~午後4時
搬入手続
出品者は必ず所定の申込用紙に記入の上、出品手数料を添えて作品と共に提出の事。
作品には必ず氏名・題名を明記して貼付し、尚正面の判りにくいものには正面を標示する事。(図録写真撮影の都合上)
申込用紙には必ず手取価格を記入する。(買上げの場合は任意の寄附金を募ります。)
同封の鑑審査結果通知用封筒に〒・住所・氏名を明記して申込書に添え提出。
(住所はくわしく。切手不要)
(地方より作品を託送搬入する場合)
作品は、荷受人(宛先)を〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5(株)谷中田美術 (TEL.03-3823-1539)として搬入最終日の2日前までに、出品申込書ならびに出品手数料は4日前までに同運送に必着。荷受・荷解・材料保管・搬入代行料は出品料に含まれておりませんので、各金額につきましては荷受人(株)谷中田美術へお問合せ下さい。 ※出品申込書・出品手数料・事故対策費は、作品とは別に、現金書留でお送り下さい。くわしくは、事務局におたずね下さい。
搬出日    
選外作品 平成23年4月23日(土)10:00~16:00
       搬出場所:㈱谷中田美術
入選作品 平成23年5月23日(月)13:00~17:00 5月24日(火)10:00~13:00
       搬出場所:地下1階 作品搬出出入り口新工芸受付
       平成23年5月28日(土)10:00~16:00
       搬出場所:㈱谷中田美術
※入選作品の搬出は上記の日時で 国立新美術館もしくは㈱谷中田美術どちらかでも可能です。
搬出注意
作品預り証をご持参下さい。搬出日時を厳守して下さい。期間中に搬出されないものは新工芸展において責任を持ちません。期間内に搬出されないものは、(株)谷中田美術に「保管」を依頼しますが、この場合、保管料がかかります。保管期間は、搬出締切日の翌日から10日間とし、この間に同社に連絡(引き取り)ください。

お問い合わせ
事務局:社団法人日本新工芸家連盟 
114-0014 東京都北区田端3-13-2谷中田美術第2ビル4階 
TEL 03-3828-5470
E-mail kojima@nihon-shinkogei.or.jp
詳しくは下記の日本新工芸家連盟HPをご覧ください
http://www.nihon-shinkogei.or.jp/
終了しました。
by yachuda | 2011-03-15 04:20 | 展覧会情報

第97回 光風会展

会場 
国立新美術館  東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅(6出口直結)
会期 
平成2011年4月13日(水)~4月25日(火)  休館日4月19日(火)
開催時間
平日  4月13日~15日・18日・20日~22日10:00~17:00 入場は16:30まで
土日  4月16日・17日・23日・24日      10:00~18:00 入場は17:30まで
最終日 4月25日 10:00~15:00 入場は14:30まで
※東北地方太平洋沖地震の影響により開催時間が変更になりました。
  ご注意ください。
主催 
社団法人 光風会

出品規定(一般応募者用)
作品
[絵画]油彩、水彩、版画
[工芸]陶器、磁器、漆芸、紙芸、金工、染、織、刺繍、人形、硝子、七宝、木竹、皮革、フリーテクニック
※出品作品は各種公募展への未発表作品に限ります。
出品点数
1人2点以内 大きさ等
[絵画]F100号(162x130.3cm)まで。額縁の幅は刃先を入れて6cm以内。水彩・版画のマット幅は5cm以内。
[工芸]平面・立体ともに額縁を含め幅150cm以内。重量は50kg以内。着物出品の場合は衣桁をつけてください。
搬入日時
4月1日(金)・2日(土)、両日ともに午前10時より午後4時まで。
国立新美術館地下1階作品搬出入口・光風会展受付において受け付けます。
出品料
10,000円。郵便振替で3月24日(木)までに払い込んでください。
第97回光風会展専用の払込取扱票を使用してください。払込取扱票は出品申込書をご請求の方にお渡ししています。
鑑・審査
出品作品は本会の定めた第97回記念光風会展審査員が鑑・審査を行います。
授賞
出品作品中の優秀作品には光風会賞その他の賞を贈り、次回は無鑑査出品の特典があります。
発表
鑑査の結果は出品者に郵送で通知いたします(4月6日発送)。
光風会ホームページで発表いたします(4月6日午後6時予定)。
搬出
選外作品は4月11日(月)に出品受取証と引換えに搬出してください。
陳列作品は4月26日(火)に出品受取証と引換えに搬出してください。
両日とも、午前10時より午後4時まで、国立新美術館地下1階作品搬出入口・光風会展受付において行います。
出品申込書
出品申込書は返信用切手90円を同封の上、光風会までお申し込みください。
社団法人 光風会 〒171-0043 東京都豊島区要町1-3-4 光風会館
お問い合わせ
詳細については下記の光風会HPをご覧ください。
http://www.h4.dion.ne.jp/~koufukai

終了しました。
by yachuda | 2011-03-10 11:34 | 展覧会情報

菊池ビエンナーレは陶芸の振興を目的に2003年から隔年で開催している陶芸の公募展です。第4回となる今回は、日本全国から総数423点の応募から第一次、第二次の審査を行い選出した、入賞7点を含む全入選作49点を展示します。

会場:菊池寛実記念 智美術館
〒105-0001東京都港区虎ノ門 4-1-35  TEL03-5733-5131(代表)
会期:2011年4月2日(土)~2011年6月26日(日)
開館時間:11:00~18:00まで(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:一般500円・大学生300円・小中高生100円
※未就学児は無料。
※障害者手帳をご提示の方、およびその介護者1名は無料となります
主催:財団法人 菊池美術財団・日本経済新聞社

関連イベント
研究会1  
2011年4月30日(土)15:00~16:30
パネリスト(敬称略)
○受賞者:岡田裕(大賞)、中村伸子(優秀賞)
○審査員:金子賢治(茨城県陶芸美術館館長)、林屋晴三(智美術館館長)
○ゲスト:唐澤昌宏(東京国立近代美術館工芸課長)
研究会2
2011年5月7日(土)15:00~16:30
パネリスト(敬称略)
○受賞者:五味謙二、今野朋子、崎山隆之、山口美智江、吉川周而 (奨励賞、受賞者5名)
○審査員:金子賢治(茨城県陶芸美術館館長)、林屋晴三(智美術館館長)
講演会
2011年5月28日(土)15:00~16:30
「日本のやきもの・海外のやきもの―海外の公募展・企画展からみる傾向と特徴―」
○講師:外舘和子(美術評論家、美術史家)

上記関連行事はいずれも美術館展示室前スペースにて開催。
聴講は無料ですが、別途観覧料が必要となります。
会場の都合により満席の際は御立ち見となる場合がございます。

学芸員によるギャラリートーク
2011年●4月9日・16日・23日 ●5月21日 ●6月4日・11日
いずれも14:00より開始
ギャラリートークは、いずれも観覧料でご参加いただけます。

第4回菊池ビエンナーレ展に関する詳しい内容は下記の菊池寛実記念智美術館HPをご覧下さい
http://www.musee-tomo.or.jp/
終了しました。
e0126489_1442562.jpg

by yachuda | 2011-03-07 14:43 | 展覧会情報

日本陶芸展は1971年、会派や団体にとらわれずに審査することをうたい始まった全国規模の公募展です。隔年で開催され、現代の日本の陶芸を代表するトップレベルの作品が一堂に会します。
公募部門は第1部(伝統部門)、第2部(自由造形部門)、第3部(実用部門)の三つに分かれます。伝統的な作品から、前衛的な自由な造形の作品、民芸・クラフト・プロダクトの実用的な作品などあらゆる陶磁器作品を対象としています。審査員は、専門の学識経験者が出品作品の芸術的な質によって入選や受賞を決定しています。
公募部門のほか、人間国宝やベテラン陶芸家を対象とした招待作家部門を設けています。本展の招待作家は運営委員会が、現在第一線で活躍している作家を選び、出品委嘱をしています。
今回は応募数725点の中から入賞・入選した作品135点と招待作家の作品13点をあわせた148点が展示されます。
本展のグランプリである大賞・桂宮賜杯をはじめ、入賞、入選作品や招待作家の作品を公開する展覧会は、4月から大丸東京店を皮切りに大丸心斎橋店、茨城県陶芸美術館、愛知県高浜市やきものの里かわら美術館で開催します。

開催場所: 大丸東京店11階催事場
千代田区丸の内1の9の1、大丸東京店11F
会期: 2011年4月6日(水)~4月12日(火)
入場時間: 10:00~19:30(20:00閉場)
    ※会期中の木・金曜日は20:30まで(21:00閉場)    
    ※最終日は16:30まで(17:00閉場)
入場料:一般800円(600円)・大高生600円(400円)・中学生以下無料
    ※( )は10名以上の団体・DAIMARU CARD・大丸友の会カードをお持ちの方の優待料金
主催: 毎日新聞社
後援: 文化庁
特別協賛: TOTO
協力: シンリュウ
お問い合わせ: 毎日新聞事業本部(電話03-3212-0189、平日10~18時)
           大丸東京店11階催事場(電話03-3212-8011)
終了しました。
e0126489_13243733.jpg

by yachuda | 2011-03-06 11:04 | 展覧会情報

1961年の発足以来「現代」をキーワードに、新たな工芸運動を展開してきた「日本現代工芸美展」が、50回の節目を金沢21世紀美術館で開催します。日本全国から公募した作品を含め約700点余の作品が出品される現代工芸美術展が、金沢でスタートを切ることは初めての事です。工芸のあらゆる素材を駆使して創作された作品群は、次の50年に向けての新たな出発点となる展覧会です。

会場
金沢21世紀美術館
市民ギャラリーA(1階)・市民ギャラリーB(地下1階)・シアター21
〒920-8509石川県金沢市広坂1丁目2番1号
TEL:076-220-2800  FAX:076-220-2802 
会期
2011年3月16日(水)~3月25日(金)(休館日なし)
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
※初日3月16日は12:00開会・最終日3月25日は13:00閉会(入場は12:30まで)
入場料
500円(高校生以下無料)
主催
社団法人 現代工芸美術家協会・北國新聞社
後援
文化庁・石川県・金沢市・NHK ・全国商工連合会・北陸経済連合会・金沢経済同友会・北陸放送・テレビ金沢
お問合せ
(社)現代工芸美術家協会
〒110-0005東京都台東区上野7-9-15車坂ビル502号
TEL 03-3841-8314・FAX 03-3841-1717
http://gendaikougei.or.jp/
終了しました。
e0126489_11243036.jpg

by yachuda | 2011-03-01 11:11 | 展覧会情報