本展は、日本彫刻会に所属する気鋭の若手作家の発表の場として、公益社団法人日本彫刻会によって企画創設された展覧会です。1996年、「日本彫刻会新人選抜展-Bou貌-」に始まり、名称を変更しつつ今回通算11回目にあたる「第9回日彫会新選抜 Each episode」を開催いたします。(パンフより抜粋)

会場  
美術会館 ギャラリー青羅 (東京都中央区銀座3-10-19 美術家会館 1階)
会期
2014年6月1日(日)~6月14日(土)
開館時間      
11:00~19:00(初日は13:00から/最終日は16:00まで)
入場無料
作品を語る会
(オープニングパーティ)
6月1日(日) 16:30~18:00
出品者
(順不同・敬称略・計25名)
上松 真弥/小関 良太/梶川 俊一郎/神谷 睦代/桑原 秀栄/小橋 暁子/小宮山 美貴/佐藤 徹/志満津 華子/鈴木 紹陶武/高石 麻代/髙野 眞吾/武本 大志/田村 さつき/寺山 三佳/時田 直彦/德安 和博/永江 智尚/丹羽 俊揮/長谷川 倫子/三宅 信行/宮坂 慎司/森 矢真人/山本 将之/横山 丈樹 
終了しました。
e0126489_17275212.jpg

by yachuda | 2014-05-20 17:16 | 展覧会情報

第45回 日展金沢展

日本最大規模の総合公募展「第45回日展」の石川県巡回展。
第45回日展本展の出品作品(日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門)の中から指定された全国巡回作品273点と、石川県県在住、出身、関係作家約120点を陳列します。現代日本美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人の作品まで約400点点が一堂に展示されます。

会場  
石川県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL:076-231-7580
会期  
平成26年5月24日(土)~平成26年6月15日(日)
休館日 
会期中無休
開館時間  
午前9時30分~午後6時 ※入場は閉場時間の30分前まで
入場料  
一般:当日券 1,000円(前売り券900円・団体800円)
中高生:当日券 700円(前売り券600円・団体500円)
小学生:当日券 400円(前売り券300円・団体300円)
※団体は20名以上。
※県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
※前売券発売所
北國新聞チケットセンター、北國新聞社支社・総支局、北國新聞文化センター、香林坊大和など県内プレイガイド、チケットぴあ(Pコード:766-066)、ローソンチケット(Lコード:52256)、セブンチケット(セブンコード:028-132)、県内主要画材店 ほか
主催 
北國新聞社 公益社団法人日展 日展石川会
後援 
石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会、財団法人石川県芸術文化協会、財団法人石川県美術文化協会、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、金沢ケーブルテレビネット
特別協賛
理研産業補聴器センター
お問い合わせ
「第45回日展金沢展事務局」(北國新聞社事業局内) 
TEL:076(260)3581
終了しました。
e0126489_1449251.jpg

by yachuda | 2014-05-05 14:34 | 展覧会情報

第2回陶美展

「伝承」から「創造」へ
本展覧会は、先人達がこれまでに培ってきた技法や表現を敬意を もって受け継ぐとともに、再認識することで陶芸の新たな創作世界を 開示しようとするものです。
いつしか生まれた常識やタブーを再点検することも、新たな表現へ の道を拓く方法であり、本展覧会が「今現在」に真摯に向き合う作家と作品が競う場となることを願うものであります。 
それが「継承」から「創造」 へと結実し、次代の陶芸界の発展に寄与するものと信じるところです。(陶美展HPより抜粋)


会場:日本橋高島屋 6階美術画廊

会期:2014年5月7日(水)~5月13日(火)

開催時間:午前10時~午後8時 ※最終日は午後4時閉場

主催 :日本陶芸美術協会

列品解説:5月7日(水)14時より 会場にて
          解説・澤昌宏(審査員・東京国立近代美術館工芸課長)
終了しました。
e0126489_1432099.jpg

by yachuda | 2014-05-01 14:20 | 展覧会情報