第23回芸友展

「芸友展」は自由な絵画作品の発表の場として上野芸友倶楽部が主催する公募絵画展で、平成4年の第1回から今年で第23回を迎えます。(芸友展HP抜粋)

会場   
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)ギャラリーB
JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
会期   
2017年5月12日(金)~ 5月18日(木)
開催時間
AM9:30~17:30(入場17:00まで)
(最終日の入場は13:30まで14:00閉会)
休館日
2017年5月15日(月)
入場料
無料
主催
NPO法人 上野芸友倶楽部

芸友展の詳しい内容等は下記HPを参照下さい。
http://geiyu.p2.weblife.me/index.html

e0126489_12152261.jpg

by yachuda | 2017-04-28 12:06 | 展覧会情報

東京都美術館にて開催された「第56回日本現代工芸美術展」の京都巡回展。選抜された地方巡回作品74点と近畿地区の出品作品61点の計135点を展示。

会場
京都市美術館別館
〒606-8342 京都府京都市 左京区岡崎最勝寺町13(岡崎公園)
会期
2017年5月9日(火)~5月14日(日)
開館時間
午前9時から午後5時まで(入場は4時30分まで)
9日のみ午前11時開会
入場料
大人500円  高・大生200円  小中学生無料  友の会200円
※5月12日(金)は入場無料
主催
一般社団法人現代工芸美術家協会
現代工芸美術家協会近畿会
後援
京都府・京都府教育委員会・京都市・京都市教育委員会・京都新聞・NHK京都放送局・KBS京都・エフエム京都

e0126489_17295283.jpg

by yachuda | 2017-04-24 17:15 | 展覧会情報

会場
日本橋三越本店 本館7Fギャラリー(中央区日本橋室町1-4-1)
開催日
平成29年5月3日(水・祝)~8日(月)
開催時間
午前10時半~午後7時(最終日は午後5時半)
観覧料金
一般・大学生800円、高校・中学生600円小学生以下無料
主催
毎日新聞社
協力
金子みすゞ著作保存会、金子みすゞ記念館、金子みすゞ顕彰会、JULA出版局、 金澤翔子記念館
監修
矢崎節夫(児童文学者、長門市金子みすゞ記念館館長)

展覧会開催記念イベント
1.矢崎節夫氏ギャラリートーク(児童文学者・金子みすゞ記念館館長)
日時:5月3日(水・祝) 午前11時〜( 約30分)
会場:展覧会場内
※ギャラリートークご参加には入場券が必要です。※椅子のご用意はありません。
2.金澤翔子氏サイン会
日時:5月5日(金・祝) 午前11時〜・午後2時〜
会場:展覧会場入口前
※サイン会は図録をお買いあげの方、各回先着80名限定。
※各回80名に整理券を配布いたします(本会7階ギャラリーで)。
※サインは筆ペンを使用しますので多少時間がかかります。予めご了承ください。
3.「金子みすゞ・金澤翔子―ひびきあう詩と書」トークイベント
本展監修者の矢崎節夫・金子みすゞ記念館館長と、金澤泰子さん・翔子さん親子がみすゞの詩と翔子の書の魅力について語ります。
日時:5月6日(土)午後3時〜(約1時間)
会場:本館7階特別食堂「日本橋」不二の間
出演者:矢崎節夫・金子みすゞ記念館館長、金澤泰子氏、翔子氏
内容:ケーキセットを食べながら3人のお話を着席でお聴きいただくトークイベントです。
人数:限定60名
料金:2376円(税込) ※ケーキセットと翔子さんサイン入りの本展図録1冊を含む
申込方法:はがき、またはメールで、①氏名(ふりがな)②〒住所③電話番号④年齢⑤性別⑥参加人数(一度に申込できる人数は2名まで)⑦メールアドレス(お持ちの方)を明記の上、下記までお送り下さい。平成29年4月17日(月)必着。
当日は聴講券を必ずご持参下さい。料金は、当日展覧会場出口の関連販売コーナーで午後2時までにお支払いいただきます。
※応募者多数の場合は抽選。抽選結果は応募者全員に連絡します。
※お預かりした個人情報は本イベント聴講券の発送および統計資料の作成のためのみに使用します。
申込先:〒103-0013中央区日本橋人形町2-21-10 6F「みすゞ・翔子トークショー」事務局宛
E-mail:misuzu.shoko@entry-jimukyoku.jp
お問い合わせ:電話03-5847-7739(土日祝日を除く10時〜18時)
※都合により、イベントの内容が変更になる場合があります。予めご了承ください。

e0126489_1216408.jpg

by yachuda | 2017-04-20 11:55 | 展覧会情報

「日本陶芸展」は1971(昭和46)年にスタートしました。以来、2年に1度のビエンナーレ方式で開催し、今年で第24回を迎えます。会派や流儀にとらわれない自由な公募展で、応募点数は日本最大規模。審査員はこの道「第一線」の研究者や評論家で構成します。公正で客観的な審査により、「実力日本一」の作家を選びます。展覧作品は、グランプリの大賞・桂宮賜杯、準大賞・日本陶芸展賞、文部科学大臣賞、毎日新聞社賞、茨城県陶芸美術館賞、TOTO賞をはじめとした入賞・入選作と、人間国宝を含む巨匠らに制作依頼した招待作品をあわせ、計150点です。

会場
大丸心斎橋店 北館14階 イベントホール
〒542-8501大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
会期
2017年4月19日(水)~23日(日)
※会期中無休
入場時間
午前10時→午後8時(午後8時30分閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料<税込>
・一般:800円(600円)・大高生:600円(400円)・中学生以下無料
※( )内はご優待料金です。前売および10名様以上の団体。大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方。
主催:毎日新聞社
後援:文化庁
特別協賛:TOTO
ギャラリートーク開催
4月19日(水)出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館長)〈午後2時スタート〉
※会場内イベントにつき、展覧会入場券が必要です。

e0126489_1643926.jpg

by yachuda | 2017-04-10 15:58 | 展覧会情報

「日本陶芸展」は1971(昭和46)年にスタートしました。以来、2年に1度のビエンナーレ方式で開催し、今年で第24回を迎えます。会派や流儀にとらわれない自由な公募展で、応募点数は日本最大規模。審査員はこの道「第一線」の研究者や評論家で構成します。公正で客観的な審査により、「実力日本一」の作家を選びます。展覧作品は、グランプリの大賞・桂宮賜杯、準大賞・日本陶芸展賞、文部科学大臣賞、毎日新聞社賞、茨城県陶芸美術館賞、TOTO賞をはじめとした入賞・入選作と、人間国宝を含む巨匠らに制作依頼した招待作品をあわせた計150点です。

会場
大丸東京店11階催事場
〒100-6701東京都千代田区丸の内1-9-1
会期
平成29年4月6日(木)~11日(火)
入場時間
10:00~19:30(20:00閉場)
※会期中の木・金曜日は、20:30まで(21:00閉場)
※最終日11日は16:30まで(17:00閉場)
入場料
一般800円(600円)・大高生600円(400円)・中学生以下無料
※( )内はご優待料金です。前売および10名様以上の団体。大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カードをお持ちの方。
主催:毎日新聞社
後援:文化庁
特別協賛:TOTO

ギャラリートーク
4月6日(木)14:00~ 武田厚=美術評論家
4月8日(土)14:00~ 竹内順一=東京藝術大学名誉教授
4月9日(日)14:00~ 外舘和子=工芸評論家・多摩美術大学兼任講師
4月10日(月)14:00~ 金子賢治=茨城県陶芸美術館館長

e0126489_1223267.jpg

by yachuda | 2017-04-01 11:48 | 展覧会情報