日本芸術院は2019年9月に創設百周年を迎えるにあたり、日本芸術院創設百周年記念事業の一環として、「近代日本芸術の100年─日本芸術院創設百周年記念展」を開催いたします。本展では日本芸術院第一部(美術)に所属する全会員の作品・資料とともに、かつて日本芸術院に所属した会員の中から選りすぐりの作品を合わせ、約80点を展覧いたします。

会場
日本橋三越本店 本館7階 催物会場
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
会期
2019年5月1日(水・祝)~5月13日(月)
会期中無休
開館時間
午前10時~午後7時(入場は閉場の30分前まで)
※最終日は午後6時閉場
観覧料
一般・大学生1,000円(高校生以下無料・税込)
※三越M CARD、伊勢丹アイカード、エムアイ友の会会員証、三越伊勢丹ホールディングス株主優待カード、障害者手帳の提示で、本人・同伴者1名まで無料
主催
日本芸術院

ギャラリートーク
※申し込み不要
※参加費無料(ただし入場料は必要になります)
5月1日(水・祝)午後2時~  澄川喜一(彫塑)
5月4日(土・祝)午後2時~  土屋禮一(日本画)+井茂圭洞(書)
5月9日(木)午後2時~  奥谷博(洋画)
5月11日(土)午後2時~  奥田小由女(工芸)
※椅子のご用意はございません。
※混雑が予想される場合、入場制限をすることがございます。
e0126489_18140181.jpg

by yachuda | 2019-04-25 18:14 | 展覧会情報

第25回日本陶芸展 茨城展

日本陶芸展は、公募部門と招待部門で構成され、公募部門は、第1部・伝統部門、第2部・自由造形部門、第3部・生活の器部門の3部門に分かれ、今回は509点の応募作品から136点が入選しました。招待部門には、重要無形文化財保持者(人間国宝)の前田昭博氏、福島善三氏、十四代今泉今右衛門氏の作品を含む14点が出品され、両部門をあわせた計150点の作品を展覧します。

会場
茨城県陶芸美術館 地階企画展示室
〒309-1611茨城県笠間市笠間2345
会期
2019年4月27日(土)〜7月7日(日)
開館時間
午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)、8日(水)
観覧料
一般720(570)円/満70歳以上360(280)円/高大生510(410)円/小中生260(210)円
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料
※土曜日は高校生以下無料。
主催
茨城県陶芸美術館、毎日新聞社
後援
文化庁
e0126489_17464726.jpg

by yachuda | 2019-04-04 17:37 | 展覧会情報