1961年の発足以来「現代」をキーワードに、新たな工芸運動を展開してきた「日本現代工芸美展」が、50回の節目を金沢21世紀美術館で開催します。日本全国から公募した作品を含め約700点余の作品が出品される現代工芸美術展が、金沢でスタートを切ることは初めての事です。工芸のあらゆる素材を駆使して創作された作品群は、次の50年に向けての新たな出発点となる展覧会です。

会場
金沢21世紀美術館
市民ギャラリーA(1階)・市民ギャラリーB(地下1階)・シアター21
〒920-8509石川県金沢市広坂1丁目2番1号
TEL:076-220-2800  FAX:076-220-2802 
会期
2011年3月16日(水)~3月25日(金)(休館日なし)
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
※初日3月16日は12:00開会・最終日3月25日は13:00閉会(入場は12:30まで)
入場料
500円(高校生以下無料)
主催
社団法人 現代工芸美術家協会・北國新聞社
後援
文化庁・石川県・金沢市・NHK ・全国商工連合会・北陸経済連合会・金沢経済同友会・北陸放送・テレビ金沢
お問合せ
(社)現代工芸美術家協会
〒110-0005東京都台東区上野7-9-15車坂ビル502号
TEL 03-3841-8314・FAX 03-3841-1717
http://gendaikougei.or.jp/
終了しました。
第50回記念 日本現代工芸美術展_e0126489_11243036.jpg

# by yachuda | 2011-03-01 11:11 | 展覧会情報

第42回日展 大阪展

日本最大規模の総合公募展「第42回日展」の大阪巡回展。
第42回日展本展の出品作品(日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門)の中から指定された全国巡回作品274点と、大阪・奈良・和歌山・兵庫の地元作家による入選作品367点を陳列します。現代日本美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人の作品まで641点が一堂に展示されます。

会場  大阪市立美術館(天王寺公園内)
     〒543-0063   大阪市天王寺区茶臼山町1-82
     交通:大阪市営地下鉄御堂筋線・谷町線・JR天王寺駅、
      近鉄あべの橋駅、大阪市バスあべの橋口停留所下車
会期  平成23年(2011)2月19日(土)~3月21日(月・祝)
休館日 月曜日(2月21日・28日・3月7日・14日)※21日の月曜は開館
開館時間  午前9時30分から午後5時(入場は午後4時30分まで)。
入場料  一般1,000円(700円)、高大生700円(400円)
      中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住の
      65歳以上の方は無料〔要証明〕
      ※カッコ内は前売り、20名以上の団体料金
      ※前売券発売場所:大阪市営地下鉄売店にて1月17日(月)より販売
主催 大阪市立美術館、読売新聞大阪本社
後援 読売テレビ

日展出品作家による作品解説(各部門別)
解説日:2月22日~25日・3月1日~4日・8日~11日・15日~17日
時間:各日とも午後2時~
場所:1階 美術ホール
定員:各100名(当日先着順) 開始時間の30分前に開場します
参加費:無料(ただし、本展の観覧料が必要です)

日展作家作品プレゼント抽選会
土曜日に来館された先着150名に、日展作家(各部門別)の作品
などが当たる抽選券を配布します。

お問い合わせ
大阪市立美術館
06-4301-7285(大阪市総合コールセンター なにわコール)
終了しました。
# by yachuda | 2011-02-06 15:30 | 展覧会情報

日本藝術院会員就任記念
社団法人日展常務理事でもある彫刻家・山本眞輔氏の彫刻展

東京展
会場:日動画廊(東京)
   東京都中央区銀座5-3-16
   TEL 03-3571-2553
会期:2011年2月18日(金)~27日(日)
開催時間:AM10:00~PM7:00
     土曜・日曜AM11:00~PM6:00
     最終日27日(日)はPM4:00終了
会期中無休

名古屋展
会場:日動画廊(名古屋)
   愛知県名古屋市中央区栄2-2-1
   TEL 052-221-1311
会期:2011年3月3日(木)~12日(土)
開催時間:AM10:00~PM7:00
     土曜・日曜AM11:00~PM6:00
     最終日12日(土)はPM4:00終了
会期中無休
終了しました。
山本眞輔彫刻展 …心の旅・祈りのかたち…_e0126489_1671456.jpg

# by yachuda | 2011-02-05 12:00 | 展覧会情報

会場
金沢21世紀美術館(〒920-8509石川県金沢市広坂1丁目2番1号)
TEL:076-220-2800  FAX:076-220-2802 
会期
2011年3月16日(水)~3月25日(金)(休館日なし)
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
※初日3月16日は12:00開会・最終日3月25日は13:00閉会(入場は12:30まで)
主催
社団法人 現代工芸美術家協会・北國新聞社
後援
文化庁・石川県・金沢市・NHK ・全国商工連合会・北陸経済連合会・金沢経済同友会・北陸放送・テレビ金沢

出品要綱

作品寸法
【会員・会友・一般作品】
制限なし 但し壁面、立体とも運搬に支障なきものとし、重量は50kg以内とする。
【本会員作品】 
制限あり 
(立体) 40センチ立方換算=64,000立方センチ以内
     但し、高さ、幅、奥行とも100センチ以内
(壁面) 縦200センチ以内、横150センチ以内(屏風含む)
     但し,重量は何れも50kg以内とする。
出品料
1点 10,000円
但し、25歳以下(平成23年3月末日現在)の出品料は、1点5,000円(税込み)
授賞
•内閣総理大臣賞1点•文部科学大臣賞1点•石川県知事賞1点•金沢市長賞1点•NHK会長賞1点•北國新聞社長賞1点•現代工芸理事長賞1点•現代工芸本会員賞8点•現代工芸本会員記念賞10点•全国商工会連合会会長賞1点•北陸経済連合会会長賞1点•金沢経済同友会賞1点•現代工芸大賞1点•現代工芸賞10点•現代工芸新人賞5点•現代工芸記念賞5点

搬入
1.搬入場所
株式会社谷中田美術(東京都文京区向丘2-33-5 Tel03-3823-1539)
2.搬入日時
【会員・会友・一般作品】
 2011年2月27日・28日・3月1日(業者搬入も同日)午前10時~午後3時
【本会員作品】
 2011年3月2日・3日(業者搬入も同日)午前10時~午後3時
3.出品点数
【会員・会友・一般作品】2点以内
【本会員作品】 1点
搬入注意
1.応募作品は、所定の申込書及び鑑審査結果通知用封筒(住所・氏名を正確に記入。切手不要)に出品料を添えて出品者本人または代理人が搬入すること。
2.作品は、必ず解梱してから搬入手続きをし、梱包材料は必ずお持ち帰りください。
3.作品は、破損のないように制作し、且つ梱包に充分ご注意下さい。作品は破損のないように制作 し、且つ梱包に充分ご注意下さい。

搬出  
【選外作品】
2011年3月10日 午前10時〜午後3時 (株)谷中田美術
【陳列作品】(本会員・会員・会友・一般作品共通)
2011年3月30日 午前10時〜午後3時 (株)谷中田美術
搬出注意
1.所定の搬出日・時間を厳守して下さい。
2.期間内に搬出されない作品は、搬出費用を出品者負担において、協会指定の美術運送業者に委託しますので期間後は同業者よりお引取下さい。但し、保管料その他費用は、出品者の負担となります。

事務局
〒110-0005東京都台東区上野7-9-15車坂ビル
(社)日本現代工芸美術家協会
TEL03-3841-8314
FAX03-3841-1717
詳しくは下記の現代工芸美術家協会のHPをご覧ください
http://gendaikougei.or.jp

終了しました
# by yachuda | 2011-01-24 13:02 | 展覧会情報

第42回 日展 東海展

日本最大規模の総合公募展「日展」の東海巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する日展顧問、理事、監事、参事、参与、評議員、会員、新審査員、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞、特選などの代表作品274点(全国巡回指定作品)と東海三県下の出品作品315点の合計589点を展示

会場  愛知県美術館ギャラリー
     (名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階)
     TEL:052-971-5511(代)
     地下鉄東山・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩3分
会期  2011年1月19日(水)~2月13日(日)
休館日 毎週月曜日(1月24日・1月31日・2月7日)
開館時間  午前10時から午後6時(入場は午後5時30分まで)。
        毎週金曜は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
入場料  一般1000円(800円)、高大生700円(500円)、小中生400円(200円)。
      カッコは前売りまたは20人以上の団体料金

主催 社団法人日展、中日新聞社
後援 愛知・岐阜・三重各県教育委員会、名古屋市教育委員会
特別協賛 理研産業株式会社
協力 名古屋市交通局、名古屋鉄道、近畿日本鉄道

お問い合せ  〒460-8511 名古屋市中区三の丸1-6-1
         中日新聞社文化事業部「日展」事務局 TEL:052-201-3766
日展東海展の詳細や会期中のイベント等は下記の日展東海展HPへhttp://event.chunichi.co.jp/nitten/index.html
終了しました。
第42回 日展 東海展_e0126489_1430183.jpg

第42回 日展 東海展_e0126489_14304189.jpg

# by yachuda | 2011-01-06 14:32 | 展覧会情報

謹賀新年

お取引先様各位

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

                                   
                             平成23年 元旦
                                    

                               ㈱ 谷中田美術
                       取締役社長 谷中田國弘
      社員一同
# by yachuda | 2011-01-01 00:01 | お知らせ

年末年始休暇のお知らせ

皆様におきましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より弊社ホームページを御覧いただき、厚く御礼申し上げます。
誠に恐縮でございますが、弊社年末年始休暇に基づき、
平成22年12月28日(火)~平成23年1月5日(水) 迄、
業務をお休みさせて頂きます。

平成22年12月

㈱ 谷中田美術
〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5
TEL (03) 3823-1539
FAX (03) 3821-4476
E-mail info@yachuda.co.jp
http://www.yachuda.co.jp
# by yachuda | 2010-12-17 16:41 | お知らせ

第21回 日本陶芸展

日本陶芸展は1971年、会派や団体にとらわれずに審査することをうたい始まった全国規模の公募展です。隔年で開催され、現代の日本の陶芸を代表するトップレベルの作品が一堂に会します。
公募部門は第1部(伝統部門)、第2部(自由造形部門)、第3部(実用部門)の三つに分かれます。伝統的な作品から、前衛的な自由な造形の作品、民芸・クラフト・プロダクトの実用的な作品などあらゆる陶磁器作品を対象としています。審査員は、専門の学識経験者が出品作品の芸術的な質によって入選や受賞を決定しています。
応募は個人だけでなく、団体も可能です。海外在住者(国籍不問)でも、日本国内に居住する代理人を通じて作品を搬入・返却し、日本語で記した出品票を提出すれば応募ができます。
公募部門のほか、人間国宝やベテラン陶芸家を対象とした招待作家部門を設けています。本展の招待作家は運営委員会が、現在第一線で活躍している作家を選び、出品委嘱をしています。

応募部門
第1部(伝統部門) 
伝統を踏まえた創作作品(縦60×径60×奥行き60cm以内。組み作品の場合、直径の合計は150㎝以内とする)
第2部(自由造形部門) 
用途にとらわれない自由な造形による作品(横幅、奥行き、高さの合計が240cm以内であること。ただし、奥行きは80cmを、横幅と高さはそれぞれ100cmを越えないこと。組み作品の場合、その合計がこの範囲を越えないものとする)
第3部(実用部門) 
民芸・クラフト・プロダクトなど用途を持つあらゆる実用的な陶磁器(縦60×径60×奥行き60cm以内。組み作品の場合、直径の合計は150㎝以内とする。紅茶セットなどでは、受け皿の直径の合計のみを目安とする。1点可)
※上記の作品サイズを厳守して下さい。規定を越えた作品は受付できません。予めご了承下さい。
応募条件
(1)1人3点以内。複数部門に分かれてもかまいません。
(2)未発表作品に限ります。
(3)応募資格は問いません。団体可。海外在住者(国籍不問)でも日本国内居住の代理人を通じて作品の搬入・返却をし、日本語で記した出品票を提出すれば応募可能です。別途、代理人用申請用紙が必要。
(4)搬入の際、破損しやすい作品は受け付けをお断りすることがあります。委託輸送された作品でも運賃着払いで返送します。
(5)審査員の判断で、応募された部門を変更することがあります。
(6)入賞・入選作品は本展に展示するほか、主催者が発行・管理する図録・ポスター・チラシ、ホームページなどへ収録する権利、本展広報のため第三者に提供する各種印刷物への掲載に関する諸権利については、主催者にあることに同意したものとします。
(7)応募者は応募要項に従って下さい。違反した場合は失格となることがあります。

出品料
1点1万5000円、2点2万5000円、3点4万円(いったん納入された出品料は返却しません。)
振込方法:郵便振替(委託輸送、持参搬入とも事前に振り込んで下さい。)
通信欄に、日本陶芸展第○部、委託輸送か持参搬入か、作品の頒布希望手取り価格の3点を必ず明記して下さい。海外の出品者の代理で手続きをする場合、海外代理人と記入の上、国名もご記入下さい。
口座名義:毎日新聞社
口座番号:00180-3-2800
振込期間:2010年12月1日(水)~同22日(水)の間に振り込んで下さい。

作品の搬入
(1)委託輸送による搬入
作品到着受付:2011年1月11日(火)~18日(火)期間内必着
添付書類:(1)出品票 (正面から写した写真1枚と郵便振替用紙のコピーを貼付すること。)
元払い運送保険付きで、以下の送り先までお送り下さい。輸送途上での事故(破損、紛失など)に対して主催者は責任を一切負いかねます。ご注意下さい。外箱の段ボール箱には「取り扱い注意」「割れ物注意」などの荷札を貼って下さい。
<送り先>〒113-0023 東京都文京区向丘2-33-5 
     谷中田美術「日本陶芸展事務局」TEL(03)3823‐1539

(2)持参搬入
作品受付:2011年2月4日(金)、5日(土)10時~16時
東京都立産業貿易センター・浜松町館3階「日本陶芸展事務局」
東京都港区海岸1‐7‐8、(JR浜松町駅から徒歩5分)

提出書類:(1)出品票(正面から写した写真1枚と郵便振替用紙のコピーを貼付すること。)

応募上の注意
(1)出品票(1作品ごとに作成、コピー可)に楷書で記入して下さい。諸事項が未記入のものは、受け付けない場合があります。受付番号欄は記入しないで下さい。なお、陶歴を記した印刷物がある場合は、一緒に提出して下さい。
(2)作品の裏面に作品名を記入した「審査用作品ラベル」(別紙)を貼付して下さい(茶碗は内面に、茶入れは側面に。高台部分は不可)。
(3)作家が正面と考える場所に「正面シール」(別紙)を貼付して下さい。
(4)作品の正面、天地などが分かるよう(3)の正面シールを貼った上、正面から写した写真1枚(カラー、パソコンのプリントアウト可)を出品票の所定の位置に貼付して下さい。
(5)「梱包ラベル」(別紙)に作品名、氏名を記入し、作品輸送用の段ボール箱上部に貼付して下さい。その隣に(4)の写真1枚を貼付して下さい。外箱が複数の場合は、それぞれにラベルと写真を貼付して下さい。持参搬入の方で作品輸送用の段ボール箱がない方は「梱包ラベル」と写真をご持参下さい。なお、持参搬入の方のみ受付番号を記した作品預かり証をお渡しします。
(6)入賞・入選作品は招待作品とともに各会場において作品の購入希望に応じるものとします。
(7)出品票に記入する頒布希望手取り価格は、組み作品の場合、合計金額をご記入下さい。

作品の搬出・返却
(1)作品の搬出・返却に要する費用は、すべて出品者の負担とします。
(2)選外作品の搬出は、2011年2月9日(水)~11日(金) 10時~16時(11日は15時まで)、東京都港区海岸1‐7‐8、東京都立産業貿易センター3階、「日本陶芸展事務局」で行います。搬出方法については、応募の際、出品票に明記して下さい。直接搬出に来られる方の選外作品については、2月8日(火)19時~20時の間に03‐3212‐0189へ電話をお願いします(作品預かり証に記された受付番号を伝えることができる方のみが対象です。直接搬出に来られない方の電話はご遠慮下さい)。搬出日に取りに来られない方、搬出方法の指定がない方は、谷中田美術を通じて運賃着払い(梱包料・保険料などを含む)で5月上旬までに返送します。この保険金額は頒布希望手取り価格に応じたものになります。
(3)入賞・入選作品の返却は、最後の展覧会終了後に行います。運賃着払い(梱包料・保険料などを含む)で返却します。自己搬出や引き渡し日時については、別途連絡します。

運賃着払い返送料金の目安
着払い返送運賃及び梱包料・保険料などを含んだ料金の目安(梱包荷姿の基準は50×50×50cm、重さ30kg以内)は、以下の通りです。▽沖縄及び離島地域=13000円前後北海道・九州地域=9000円前後中国・四国地域=8500円前後東北・北陸・東海・関東地域=8000円前後。ただし、返送料金はあくまでも目安ですので梱包荷姿の基準を超える大型梱包の場合や頒布希望手取り価格が高額の場合(頒布希望手取り価格に準じた金額の保険を掛けるため)、返送料金は高くなりますのでご了承ください。

作品の保管
委託搬入先、審査会場(都立産業貿易センター)で、受け付けを終了した作品は、主催者の責任において保険(上限30万円)をかけて保管し、十分に注意して取り扱いますが、地震、テロなど不可抗力による損傷・事故・紛失については、主催者は責任を負いません。

審査
各部の審査員は、各部公募作品から入選作品を選出、さらに、その中から若干の最優秀作品賞候補作品を選び、日本陶芸展運営委員と全審査員で、大賞・桂宮賜杯と準大賞・日本陶芸展賞を選出します。優秀作品賞と特別賞は各部門の審査員が選出します。

名誉総裁、運営委員、審査員
◆名誉総裁 桂宮宜仁親王殿下
◆運営委員(敬称略)
運営委員長= 乾由明
運営委員= 榎本徹・金子賢治・竹内順一・林屋晴三・水尾比呂志・伊藤和史
運営委員会顧問= 吉田耕三
◆審査員(50音順・敬称略)
第1部(伝統部門)7名・赤沼多佳・乾由明・榎本徹・金子賢治・竹内順一・中ノ堂一信・林屋晴三
第2部(自由造形部門)5名・石﨑泰之・黒川雅之・武田厚・出川哲朗・不動美里
第3部(実用部門)5名・柏木博・唐澤昌宏・髙満津子・杉山享司・水尾比呂志


〔大賞・桂宮賜杯 1点〕 賞金100万円、賞状、副賞
〔準大賞・日本陶芸展賞 1点〕 賞金50万円、賞状、副賞
〔優秀作品賞 3点〕 文部科学大臣賞 1点 賞金50万円、賞状
             毎日新聞社賞 2点 賞金各50万円、賞状
〔特別賞 2点〕 茨城県陶芸美術館賞、TOTO賞
賞金各30万円、賞状。ただし、茨城県陶芸美術館賞の作品は原則として同館に寄贈となります。
〔大賞と準大賞の副賞〕 「シンリュウ株式会社」(本社、埼玉県朝霞市)が100万円相当額の各種窯、機材などを提供(輸送費、設置工事費などを含む)。ただし、日本国内居住者で、設置可能な環境を有する方に限ります。
〔入選者への図録1冊贈呈〕 各展覧会場の来場者に限り引き換え券と交換に贈呈します。賞状はありません。なお、賞候補については図録と賞状を贈ります。

発表
入賞・入選者は、2011年3月上旬までに毎日新聞紙上や毎日新聞ホームページで発表します。
また応募者全員に文書で通知します。

会期・会場(予定)
東京展=2011年4月 大丸東京店
大阪展=2011年6月 大丸心斎橋店
茨城展=2011年7月9日~9月4日 茨城県陶芸美術館
愛知展=2012年2月 高浜市やきものの里かわら美術館

主催 毎日新聞社
後援 文化庁
特別協賛 TOTO
協力 シンリュウ

会期・会場は追加・変更されることがあります。また、会場の都合等により展示作品数を制限することがあります。この場合、展示作品の選出は主催者が行います。作品が輸送に耐えられないと主催者が判断した場合は、展示しないことがあります。

日本陶芸展事務局
〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社 事業本部内
TEL 03-3212-0189 FAX 03-3284-1604
(お問い合わせは平日のみ10時~18時。年末年始は除く)
http://www.mainichi.co.jp/event/tougei/

公募期間は終了しました
# by yachuda | 2010-12-01 13:20 | 展覧会情報

第42回 日展 京都展

日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する
基本作品約300点と,京都・滋賀の地元作家の作品約300点の計約600点を展示。

会場 京都市美術館
     〒606-8344 京都市左京区円勝寺町124(岡崎公園内)
     Tel.075-771-4107
会期 平成22年12月11日(土)— 平成23年1月14日(金)
休館日 12月28日(火)~1月2日(日)までと祝日を除く月曜日(1月3日・4日は臨時開館)
開館時間  AM 9:00〜PM 5:00
        (ただし入場はPM 4:30まで)
入場料 一般1000円(800) 高大生600円(500)
     ( )内20名以上の団体料金及び前売り券
※入場無料の方
中学生以下、京都府下および滋賀県下に在住または通勤・通学の3月末18歳以下の方、京都市内在住の満70歳以上の方(京都市敬老乗車証等で確認)、障害者の手帳等を提示の方
主催 第42回日展京都展実行委員会(京都市・京都新聞社)
後援 京都市教育委員会、京都商工会議所、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都
終了しました
# by yachuda | 2010-11-30 09:00 | 展覧会情報

日本国内最大級の公募展(日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書)

会場  国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
    東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
    東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
    都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期   2010年10月29日(金)~12月5日(日)
観覧時間   午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
         金曜日は午後8時まで(入場は午後7時30分まで)
         ※ただし、初日10月29日(金)は午後6時で閉場
休館日   毎週火曜日(11月2日・9日・16日・24日・30日)
入場料
一般 1,200円 高・大学生 700円
[前売券・団体券]一般1,000円 高・大学生500円
※「小・中学生無料鑑賞券」制度あり (希望学校あて配布)
※団体券は20名以上。20枚購入につき招待券1枚を進呈。
※入場券はJR東日本の主なみどりの窓口・びゅうプラザ、チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイドほか主要プレイガイド、デパート友の会、画廊 、画材店、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、東京メトロ定期券うりば(丸ノ内線東京駅を除く)などで発売中。
※11月12日(金)は「日展の日」。終日入場無料となります。

主催  社団法人日展
後援  文化庁

第42回日展に関する詳しい内容・割引チケット等の情報などは下記の日展HPをご覧下さい
http://www.nitten.or.jp
終了しました。
第42回 日展(日本美術展覧会)_e0126489_13133688.jpg

# by yachuda | 2010-09-20 15:15 | 展覧会情報

第24回平櫛田中賞受賞作家である彫刻家・石松豊秋の木彫作品を展示

会場: 相生森林美術館
     〒771-5411 徳島県 那賀郡 那賀町 横石字大板34
     TEL 0884-62-1117
     徳島バス:JR徳島駅から約1時間40分
     車:徳島市から約1時間20分
会期: 2010年10月22日(金)~12月5日(日)
開館時間: 午前9時30分~午後4時30分
休館日: 毎週月曜日
入館料: 一般(高校生以上)500円、小中学生200円(小中生・土・日・祝日無料)
         ※期間中常設展示はご覧いただけません。
作家によるギャラリートーク       
10月23日(土)午後2時~3時(要入館料)
講師:石松豊秋(彫刻家)
学芸員による展示解説 
11月7日(日) 午後2時~3時(要入館料)
主催: 相生森林美術館
後援: 徳島新聞社 四国放送株式会社 NHK徳島放送局
終了しました。
石松豊秋 彫刻展 -バロックの響きのなかで-_e0126489_8422980.jpg

# by yachuda | 2010-09-20 10:44 | 展覧会情報

第51回 日本版画会展

会場   埼玉会館
       〒330-8518 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4
       TEL:048-829-2471(代)
       JR京浜東北線浦和駅(西口)下車 徒歩6分
       上野駅から各駅停車で27分・大宮駅から各駅停車で8分
会期   2010年11月20日(土)〜28日(日)
開催時間  9:00〜17:00(入場は16:00まで)
         ※最終日は15:00で終了
入場料  無料
主催  日本版画会
後援  文化庁 埼玉県 読売新聞東京本社

第51回日本版画会展作品公募規定
応募資格
年齢・国籍など一切問いません。
※国外出品者は別規定によります。
応募作品規定
未発表の版画(凸版・凹版・平版・孔版など版を主体とした)作品。
一人3点迄(1,2 部門を含めて)
・第1部門 額外寸1.8m×2m〜40cm×50cm迄
・第2部門 額外寸40cm×50cm未満(デッサン額 四ツ切を含む)
※額装のこと(アクリル等の使用が望ましい。ガラスは不可)
出品料
7,000円(3点迄)
※10月25日迄に郵便局より払い込み下さい。
郵便振替 00170-3-413040 日本版画会
出品料の払い込みのない場合、作品は審査の対象とせず、料金着払いにて返送します。
出品手続
「応募申込票」「作品受領書」(別紙)に必要事項を楷書でもれなく記入し、封筒に入れて作品と共に提出して下さい。
額の裏面右上に「作品貼付票」を貼って下さい。
応募方法
①委託配送搬入受付 10月13日〜19日迄
※宅配、郵便等で作品に応募申込票を同封して下記宛先まで送付下さい。
(株)谷中田美術 日本版画会展係 
〒113-0023 東京都文京区向丘2-33-5 
TEL 03-3823-1539 FAX.03-3821-4476

②直接搬入の方 10月21日(木)10:00〜16:00 
上記(株)谷中田美術 2階 日本版画会展受付にて搬入して下さい。
作品返却方法
①委託業者搬出 
入選、選外作品共に展覧会終了後、(株)谷中田美術より着払いで返送します。(梱包、送料は自己負担) 
※応募者の住所、氏名が不明瞭等の理由で、返送作品が主催者側に返送され、一定期間経過しても応募者から連絡のない場合所有権を放棄したものとみなし、主催者側で自由に処分致します
②直接搬出 
申込票の搬出方法の欄に必ず「直」と書いて下さい。 
日時: 11月29日(月) 10:00〜15:00(時間厳守) 
場所: 埼玉会館展示室日本版画会受付にて作品受領書を提示し手続を行います。手続のないものは①の方法で業者より返送します。(費用は自己負担)
審査・陳列 
出品作品は全て当会の審査を経て、入選作品を陳列し、優秀な作品には賞を贈ります。
入選発表 
入選、選外共に結果は11月7日頃に書面で通知します。
その他 
◇陳列作品は如何なる理由があっても会期中は搬出できません。◇出品作品については本会で充分保管に留意しますが、不慮の災害にはその責任は負えません。◇額の発送に関しては強度、梱包に充分配慮して出品して下さい◇審査、陳列についての異議の申立ては認められません。◇作品売却の時は、売価の2割を本会に納めて下さい。
お問い合わせ
日本版画会事務局
〒355-0037 埼玉県東松山市若松町1-5-10 小暮真望 セリグラフ工房方
Tel&Fax 0493-24-8791
一般応募の申込票は下記日本版画会HPにてダウンロードできます
http://nipponhanga.jp/
終了しました。
第51回 日本版画会展_e0126489_11272125.jpg

# by yachuda | 2010-09-20 09:41 | 展覧会情報

南アルプス市在住の彫刻家・中辻伸の作品を展示
春仙美術館として初めての彫刻作品の企画展

会場:春仙美術館
   〒400-0395山梨県南アルプス市小笠原1281
   中部横断自動車道白根IC、南アルプスICより5分、国道52号線沿い
   JR中央線甲府駅バスターミナル5番線より35分
   西野経由平岡あやめヶ丘団地行き「春仙美術館」下車
   十五所経由鰍沢行き「戸田町」下車徒歩10分

会期:2010年10月9日(土曜日)~11月28日(日曜日)
 
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日:月曜日と祝日の翌日

入館料: 一般500円・大高生300円・中小生200円
     ※20名以上で団体料金(2割引)

主催: 南アルプス市立春仙美術館・山梨日日新聞社・山梨放送

美術講演会日時:10月30日(土曜日) 13時30分~
会場:春仙美術館
演題:「私の彫刻」
講師:中辻伸
触れる彫刻鑑賞会及び作家によるギャラリートーク
日時:10月23日(土曜日)、11月13日(土曜日)10時~16時
講師:中辻伸

お問合せ:
美術館事務局(春仙美術館)
山梨県南アルプス市小笠原1281
春仙美術館
電話番号 055-282-6600
FAX番号 055-282-6601
終了しました。
# by yachuda | 2010-09-20 08:21 | 展覧会情報

大韓民國藝術院と日本藝術院の両院に所属する会員による文化交流促進の展覧会です。
大韓民國藝術院から22点、日本藝術院から24点の作品を展示公開します。
(韓國画・日本画・洋画・彫刻・工芸・書・建築)

会場:日本藝術院会館
     〒110-0007 東京都台東区上野公園1-30
    JR上野駅(公園口)より徒歩2分
    京成電鉄上野駅(しのばず口)より徒歩5分
    営団地下鉄上野駅より徒歩5分

会期:平成22年10月1日(金)~25日(月)

開館時間:10:00~16:30 ※会期中は無休

入場料:無料

終了しました

日本藝術院・大韓民國藝術院交流展_e0126489_8324956.jpg

# by yachuda | 2010-09-19 11:21 | 展覧会情報

会場:身延町なかとみ現代工芸美術館
   〒409-3301 山梨県南巨摩郡身延町西嶋345
会期:2010年10月1日(金)から11月21日(日)
休館日:毎週火曜日
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:一般500円(450円)/大・高校生300円(270円)/小・中学生100円(90円)
    ※ ( ) は20名以上の団体料金
主催:(社)現代工芸美術家協会・身延町・身延町教育委員会・身延町なかとみ現代工芸美術館・
    現代工芸美術家協会山梨会
協賛:サンヨー食品株式会社
後援:山梨県・山梨日日新聞社・朝日新聞社甲府総局・産経新聞社甲府支局・毎日新聞社甲府支局・読売新聞社甲府支局・山梨放送・NHK甲府放送局・ テレビ山梨・エフエム富士・上毛新聞社
終了しました。
第49回日本現代工芸美術展In YAMANASHI _e0126489_12312317.jpg

# by yachuda | 2010-09-15 12:31 | 展覧会情報

一葉と江戸

台東区立一葉記念館 特別展

会場  台東区立一葉記念館
     東京都台東区竜泉3丁目18番4号
     ※地下鉄日比谷線 三ノ輪駅 徒歩10分
       都バス(都08) JR日暮里駅~錦糸町駅(東武浅草線経由)
       「竜泉」停留所下車 徒歩3分
       台東区内循環バス 北めぐりん「一葉記念館入口」下車 徒歩2分
会期   2010年10月1日(金)~12月24日(金)
休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
       11月24日(木)・展示替期間中の9月27日(月)~30日(木)
開館時間  午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)
入場料   大人300円、団体(20名以上)200円
        小中学生100円、団体(20名以上)50円
お問い合せ  台東区立一葉記念館 TEL (03)3873-0004 FAX (03)3873-5942
終了しました。
一葉と江戸_e0126489_16332031.jpg

# by yachuda | 2010-09-14 16:35 | 展覧会情報

第64回 二紀展

会場  国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期  平成22年10月13日(水)~10月25日(月)
休館日 10月19日(火)
開館時間 午前10時~午後6時(入場は閉館30分前まで)
        ※最終日27日は14:30終了
入場料 大人700円(子供連れは何名でも同額)
      学生無料(小・中・高・大学生)
二紀展の公募出品に関する詳しい内容は二紀会HPをご覧下さい
http://niki-kai.com/ 

2010年第64回二紀展の出品申込書・応募要項等は
90円切手を同封して二紀会事務所へ請求してください。
出品申込書の請求先は
〒114-0014 東京都北区田端3-13-2谷中田美術第2ビル
社団法人 二紀会 TEL 03-5685-6791  FAX 03-5685-6792

終了しました。
第64回 二紀展_e0126489_10453591.jpg

# by yachuda | 2010-09-06 10:48 | 展覧会情報

第6回 世界絵画大賞展

国籍を問わず、広く世界から作品を募集するとして2005年に「世界絵画大賞展」はスタートしました。「世界絵画大賞展」は国籍、出身、年齢を問わず、油彩、岩彩、墨彩、混合など技法にこだわらず広く世界から絵画作品を公募し、優秀作品を選んで公開します

開催期間   2010年10月24日(日) ~ 2010年11月3日(火)
         AM 9:30~PM 9:00 (最終日はPM 3:00まで)
開催場所   世界堂新宿本店6F

大賞 1点 賞金50万円(作品買上)
優秀賞 2点 賞金10万円
審査員賞 4点 佐々木豊賞 / 遠藤彰子賞 / 絹谷幸二賞 / 本江邦夫賞
国際展賞 1点
協賛社賞 32点 大日本美術工芸賞 / ワイ・エス賞 / アート・プリントジャパン賞 / デリーター賞 / 同志舎賞 / ぺんてる賞 / ホルベイン画材賞 / 三重額縁賞 / ラーソン・ジュール・ニッポン賞/その他協賛社賞23点
審査委員長  佐々木豊 (画家)
審査員     遠藤彰子 (画家、武蔵野美術大学教授)
          絹谷幸二 (画家)
         本江邦夫 (美術評論家、多摩美術大学教授)

出品申込期間 :2010年7月20日(水) ~ 2010年9月1日(水) 必着
お申込書のご郵送先、ご不明点のお問い合わせは、下記へお願いいたします。
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-1-1 世界堂ビル9F
世界絵画大賞展 実行委員会事務局
TEL 03-5360-4005
FAX 03-5360-4011
※お電話でのお問い合わせは、日・金をのぞく9:00~18:00にて承っております。
詳しくは世界堂HPをご覧くださいhttp://www.sekaido.co.jp/

作品応募規定
テーマ
なし (ご自由なテーマで制作して下さい)
種目
○ 平面作品(油彩・水彩・アクリル・日本画・版画・パステルなど)レリーフ・コラージュは奥行き5cm以内であれば可。
○ 製作後2年以内の、公募展などに未発表の作品に限ります。
作品
○ 応募者自身の制作に限る
規格
○ 絵全体の大きさが53×33.3cm(M10号)以上、91×91cm(S30号)以内で重量は額縁を含め30kg以内。
○ 作品保護のため必ず額装すること。(ガラスは不可、アクリル板は可)
○ 額は仮額、本額どちらでも可。額の幅は10cm以内。(マット幅含む)
※フレームレンタルおよび販売もいたします。
ご利用の場合、お申込み締切りは9月1日(火)です。
○ 展示に必要な吊り具、ひも等は必ず付けて下さい。
○ 破損しやすいもの、絵具の乾いていないもの等、審査に支障のある作品は受付けできません。
応募資格
不問(国籍・年齢などの制限なし)
応募点数
1人2点まで
出品料
1点3,000円  2点5,000円

主催 :世界絵画大賞展実行委員会
共催 :株式会社 世界堂
協賛 :(株)大日本美術工芸 / 安田精工(株) / (株)アート・プリントジャパン / デリーター(株)/ (株)同志舎 / ぺんてる(株) / ホルベイン画材(株) / (株)三重額縁 / ラーソン・ジュール・ジャパン(株) その他23社
後援 :東京都 / 新宿区 / (株)公募ガイド社 / (株)広隆社 /(株)芸術新聞社 / (株)サン・アート /(株)サンケイリビング新聞社 / (株)ステイショナー /(株)生活の友社(美術の窓) / (株)ニチマ / (株)美術出版社 /(株)美術年鑑社 /(株)ビジョン企画出版社

終了しました。
# by yachuda | 2010-08-19 16:49 | 展覧会情報

第74回新制作展

会場
国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 
TEL:03-6812-9921(公募展案内ダイヤル)
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期
2010年9月15日(水)~ 2010年9月27日(月)
休館日
2010年9月21日(火)
開催時間
10:00~18:00(入場は17:30まで)
※金曜日は20:00終了(入場19:30まで)
※最終日9/28(月)は14:00終了(入場は13:00まで)
入場料
一般800円(学生は無料)
ギャラリートーク
【絵画部】
○ オープントーク:9月15日(水)14:30~16:30  
○ ギャラリートークI:9月18日(土)13:00~16:00  
○ ギャラリートークII:9月20日(月・祝)13:00~16:00  
○ ワークショップ:9月19日(日)13:00~15:00  3F研修室にて
恂三の制作公開とワークショップ「簡単!感動!すぐできるモダンテクニック」
講師:渡辺恂三(絵画部 会員)
定員:30名 申込みは事務所まで
※制作終了後会場内に展示し、会期後返送します。
【彫刻部】
○ギャラリートーク:9月19日(日)14:00~16:00 彫刻展示室にて
森林保護運動と彫刻/ボリビア国際彫刻シンポジウムに参加して・
会員活動報告と展示
【スペースデザイン部】
○親と子のワークショップ:9月20日(月・祝)14:00~16:00 3F研修室にて
「しんぶん紙でイスを作ろう!!」
講師 : 斉藤学(SD部 会員)
定員 : 20名 申込みは事務所まで

お問い合わせ
新制作協会事務所 〒110-0013 東京都台東区入谷2-4-2増田ビル202
TEL 03-5603-8350
※新制作展の公募についての詳しい内容は下記新制作協会HPをご覧下さい。
http://www.shinseisaku.jp/
終了しました。
第74回新制作展_e0126489_1134311.jpg

# by yachuda | 2010-08-03 11:42 | 展覧会情報

夏季休業のお知らせ

皆様におきましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より弊社ホームページを御覧いただき、厚く御礼申し上げます。
誠に恐縮でございますが、弊社夏季休暇に基づき、
平成22年8月8日(日)~8月15日(日) 迄、
業務をお休みさせて頂きます。

平成22年8月

㈱ 谷中田美術
〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5
TEL (03) 3823-1539
FAX (03) 3821-4476
E-mail info@yachuda.co.jp
# by yachuda | 2010-08-02 12:35 | お知らせ

40周年記念公募 全陶展

全陶展は画一的な価値観を排し、表現の自由を尊重する“自由な陶芸”をめざし、
併せて新人に大きく門戸を開放しています。
「40周年記念公募全陶展」は、
東京都美術館改修工事に伴い会期および会場が変更になります。
また、搬入場所、日時も変更になりますので、お間違えの無いようにお願いいたします。


会場   上野グリーンクラブ
      〒110-0007東京都台東区上野公園4-32
      JR・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」より徒歩20分・タクシー10分
      東京メトロ千代田線「根津駅」2番出口より徒歩3分
40周年記念公募 全陶展_e0126489_16331422.jpg

会期   平成22年8月20日(金)~29日(日)
開催時間  午前9時30分〜午後5時 
主催   全陶展
後援   文化庁・東京都
協賛   陶業時報社
第40回記念全陶展応募要項
■ 出品規定
● 出品作品は自作にて未発表の陶磁作品に限ります。
● 資格、ジャンルは問いません。
● 出品料は2点まで8000円。それ以上は1点増す毎に3000円
(同人の出品料は年会費にて充当。同人の出品数は2点まで。)
● 出品作品の途中搬出、交換は認められません。
■ 出品申込書記入上の注意
● 出品申込書は太線の枠内のみ楷書で正確に記入して下さい。特にデータ入力用の項目は出品目録など全てのデータの元になりますので省略せず正確に記入して下さい。
● 出品申込書は一般(白用紙)と、同人(色用紙)で違いますのでご注意下さい。
● 出品申込書は切り取らずにお持ち下さい。
● 同封の宛名シールは審査結果通知に使用しますので住所、氏名、郵便番号を記入のうえ、出品申込書と一緒に提出して下さい。
■40周年記念作品集
●本年は40周年記念展ですので、全入選作品を掲載したカラー作品集を製作します。
●掲載料=8,000円(支払方法は別途通知します)
●作品集は入選者全員に2冊無料配布いたします。
追加の場合は1冊2,000円(送料別)で販売します。(会場でも販売しています)
※掲載の辞退は出来ませんのでご了承ください。
■ 作品搬入
(1) 直接搬入する場合
搬入場所=㈱谷中田美術
     〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5

     東京メトロ千代田線「千駄木駅」徒歩10分
     東京メトロ南北線「本駒込駅」徒歩5分
     地下鉄都営三田線「白山駅」徒歩8分」
     JR「西日暮里駅」タクシー10分     
搬入日時=7月17日(土)・18日(日) 10:00 ~ 16:00
出品申込書と宛名シールに必要事項を記入のうえ、出品料を添えて会場受付にお越しください。(梱包材料は持ち帰りのこと。)
(2) 輸送による搬入の場合(有料)
① 出品料は郵便振替で7月9日(金)までにお振込みください。(郵便振替以外不可)
口座番号 00120-5-174455 口座加入者 全陶展
郵便振替用紙の控えをもって領収書といたします。
② 作品は7月6日(火)~12日(金)必着で㈱谷中田美術までお送りください。その際、出品申込書と宛名シールに必要事項を記入し封筒に入れ、作品と同一梱包内のわかりやすいところに入れてください③ 搬入代行手数料など搬入代行についての詳細は、事前に指定業者にお問い合わせください。 
④ 梱包には充分配慮しエアキャップなどでしっかり保護してください。特に重い作品や壊れやすい作品は木枠梱包をお薦めします。
搬入出代行指定業者
〒113-0023 東京都文京区向丘2-33-6
㈱谷中田美術 全陶展係 ℡ 03-3823-1539

■ 作品搬出
● 選外作品の搬出
搬出場所=㈱谷中田美術
搬出時間=7月25日(日) 9:30~15:30
預かり証と引き換えにお返しします。
● 入選作品の搬出
搬出場所=上野グリーンクラブ
搬出時間=8月31日(火) 9:30~15:30
預かり証と引き換えにお返しします
注:時間内に搬出されない作品は、(株)谷中田美術に保管委託されます。その場合、保管料が別途必要になります。
● 指定業者による搬出代行の場合(有料)
① 作品は会期終了後、谷中田美術より代金引換(送料+搬出代行手数料)でお送りします。
② 搬出代行希望者は、事前に指定業者へお申し出下さい。
③ 送料、搬出代行手数料など搬出代行についての詳細は、事前に指定業者にお問い合わせください。
■ 審査・入賞・入選
● 出品作品は一般、同人別に審査します。
● 公平を期するために審査は点数制で行われ、得点上位作品を入選とし展示します。 
● 入選作品の中より特に優秀と認められた作品には下記の賞が贈られます。また、会期中会場に受賞者名を掲示します。
・文部科学大臣賞・東京都知事賞・40周年記念大賞(副賞30万円)・全陶展大賞(副賞20万円)・新人賞他 
■ 審査員
● 外部招聘審査員
・黒田和哉(社団法人日本陶磁協会常任理事)
・海本健(東京造形大学名誉教授)
● 審査員
・高間眞・井野喬・平尾峰春・高山典子・高橋和則・鈴木陶守・山根輿哉・山梨保子・三崎哲郎・臼井一紀・高木彩子・高橋直樹・岡本研作・平良幸春
■ その他
● 出品作品の取り扱い、保管には十分注意いたしますが不慮の事故、災難に対しては責任を負いかねます。
● 会場の展示陳列は、本会会長の指示により全同人で行われます。
■ お問い合わせ
全陶展東京事務所 〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-52-14-B1 ℡ 03-5394-1721
全陶展本部 〒270-1164 千葉県我孫子市つくし野7-25-16  ℡ 04-7185-3191
公募に関する詳しい応募要綱・出品申し込み等は下記全陶展HPをご覧下さい
http://www.zentoten.com/
終了しました。
40周年記念公募 全陶展_e0126489_16253248.jpg

# by yachuda | 2010-07-12 16:14 | 展覧会情報

第41回 日展 大分展

日本最大規模の総合公募美術展「日展」の大分巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する日展会長、顧問、理事、監事、参事、参与、評議員、会員、新審査員、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞、特選などの代表作品273点(全国巡回指定作品)と地元出品作品27点の合計300点を展示

会場  大分県立芸術会館(大分市牧緑町1-61)
会期  平成22年7月8日(木)~平成22年8月8日
休館日 毎月曜日(月曜日が祝日の場合は開館。翌日が休館)
開館時間 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで) 
      ※金曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
      ※初日7月8日は10時から一般公開
入場料 
一般:当日券1,200円 (前売券・団体1,000円)
高大生:当日券1,000円 (前売券・団体800円)
小中生:無料
※団体は20名以上
以下の方は無料
毎週土曜日の高校生等の観覧
県内高等学校等の教育課程に基づく教育活動としての観覧(要事前申込)
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方とその付添いの方1名
児童福祉施設等入所者及び引率者の教育、訓練、更生等のための観覧(要事前承認)

主催 大分県立芸術会館
共催 大分合同新聞社  社団法人日展
後援 
大分市/ 大分市教育委員会/ 別府市/ 別府市教育委員会/ 大分県市長会/ 大分県町村会/ 大分県市町村教育委員会連合会/ 大分県芸術文化振興会議/ 大分県美術協会/ 大分商工会議所/ JR九州大分支社/ 立命館アジア太平洋大学/ NHK大分放送局/ OBS大分放送/ TOSテレビ大分/ OAB大分朝日放送/ エフエム大分/ OCT大分ケーブルテレコム
協賛
株式会社大分銀行/大分トヨタ会/医療法人玄真堂川蔦整形外科病院/有限会社コトブキヤ文具店/株式会社三清社/新日本製鐡株式會社大分製鐡所/財団法人日本教育公務員弘済会大分支部
お問合せ
大分芸術会館
(代表)TEL 097-552-0077 FAX 097-552-0080
HP http://geijutukaikan-b.oita-ed.jp/
終了しました
第41回 日展 大分展_e0126489_157628.jpg
 
# by yachuda | 2010-06-30 15:07 | 展覧会情報

第40回 日彫展

会場   
国立新美術館 3F 展示室 3A (東京都港区六本木7-22-2)
会期   
平成22年6月23日(水)~7月5日(月) 
休館日
6月29日(火)
午前10時~午後6時(入場5時30分まで)
(最終日の入場は午後2時まで午後3時閉会)
入場料
一般 700円 ※団体20名以上は1人400円
学生(中・高・大) 400円 ※団体20名以上は1人300円
小学生 100円
日曜日(6月27日、7月4日)入場無料
身体障がい者手帳をお持ちの方、及び付添2名まで入場無料 就学前児童・70歳以上入場無料
※期間中国立新美術館で開催中の企画展のチケットをご持参いただきますと、
 次のように割引致します。
一般 700円⇒500円
学生(中・高・大)400円⇒200円
小学生 100円⇒無料
※日彫展の招待券などをご持参いただきますと、期間中国立新美術館で開催中の
 次の企画展を割引料金でご覧いただくことができます。
「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」⇒00円引き
「ルーシー・リー ウィーン、ロンドン、都市に生きた陶芸家」⇒100円引き
作品搬入   
国立新美術館 地下1階作品搬出入口(日彫展受付)
搬入日時 
6月11日(金)午前10時30分~午後4時 
6月12日(土)午前10時~午後2時
※ 期日前の搬入、及び美術館宛の搬入、「国立新美術館気付け○○○御中」等は受付けない。
※ 個人搬入以外の宛先は、当会賛助会員の谷中田美術・岡村美術運送店・田中運送・善信社運送の各  美術運送社宛とする。但し、個人により以前から取引のある業者はこの限りではない。
※ 床にキズがつかないように作品の裏には処理を施すこと。
※ 個人搬入の作品は解梱した状態で搬入し梱包資材は必ず持ち帰ること。
※ 美術館駐車場の利用については作品搬入・車両についての諸注意を遵守すること。
出品点数規格   
1人1点(但し 高さ2.3m・幅、奥行き各1.5m・重量1,000kg以内とする)
出品手数料   
一般応募者 12,000円(図録1冊贈呈)
入選発表   
6月18日(金)午後3時  日彫会ホームページにて発表
   
優秀な作品には次の賞を授与する。
 日彫賞  3名以内 正会員・会友
 優秀賞  5名以内 正会員・会友
 新人賞  5名以内 入選者(一般応募者)
 西望賞  全出陳作品を対象
(但し、理事・監事及び前年度までの日本芸術院賞、日展における大臣賞・会員賞、日彫展における西望賞受賞者の作品を除く)
災害   
搬入作品に対して 本会に於いては充分に注意するが、不慮の災害及び紛失や破損等に対しては、
その責任を負わない。なお、保険加入については個人の判断で行うものとする。
作品搬出   
陳列外作品(選外) 
国立新美術館 地下1階作品搬出入口(日彫展受付)
日時  6月22日 (火) 午前10時~午後2時
陳列作品  
国立新美術館 地下1階作品搬出入口(日彫展受付)
日時  7月5日(月)午後3時30分~午後6時30分
    7月6日(火)午前10時~正午
※ 上記期間中に搬出なき場合は、その作品に対し本会は責任を負わない。期間を過ぎると作品を本会から業者に移管するため、業者の請求する保管料を支払うこと。
※ 美術館駐車場利用については搬入同様、諸注意を遵守すること。
その他
鑑査・審査及び陳列についての異議は受理しない。
出品作品のうち理事会に於いて不適当と判断した作品は陳列しない事もある。
お問合せ・ご連絡先
社団法人日本彫刻会 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-18-202 
               tel:03-3209-1861・fax:03-3232-0557
               Mail webmaster@niccho.com
               HP  http://www.niccho.com/
終了しました
第40回 日彫展_e0126489_14214268.jpg

# by yachuda | 2010-06-10 13:52 | 展覧会情報

全国公募2010 陶芸財団展

2007年の開催より陶芸財団展は文化庁後援となり、会場も東京都港区六本木の国立新美術館の開催となる。陶芸財団展は多数の賞を交付し、育てる財団という理念により、人材育成や普及の一役を担うと共に市民に芸術文化の鑑賞の場を供している(財団法人陶芸文化振興財団HPより)

会場:国立新美術館3B  東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期:平成22年6月23日(水) ~ 7月4日(日)
休館日:火曜日  
開場時間:10:00〜18:00(入場〜17:30、最終日のみ入場〜17:00)
入場料:無料
主催:財団法人陶芸文化振興財団
後援:文化庁
お問い合わせ:陶芸財団展事務局(℡:048-664-9323)
詳しくは財団法人陶芸文化振興財団HPまで
http://www1.ocn.ne.jp/~tougei/
終了しました
全国公募2010 陶芸財団展_e0126489_1205636.jpg

# by yachuda | 2010-06-01 12:01 | 展覧会情報

第41回 日展 金沢展

日本最大規模の総合公募展「日展」の金沢巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する日展会長、顧問、理事、監事、参事、参与、評議員、会員、新審査員、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞、特選などの代表作品273点(全国巡回指定作品)と地元出品作品123点の合計396点を展示

会場: 石川県立美術館 (金沢市出羽町2-1)
    Tel. 076-231-7580
会期: 平成22年5月22日(土)~平成22年6月13日(日)
休館日: 会期中無休
開館時間: 午前9時30分~午後6時  ※入場は閉場時間の30分前まで
入場料:
一般 当日券1,000円(前売り券900円・団体800円)
中学生 当日券700円(前売り券600円・団体500円)
小学生 当日券400円(前売り券300円・団体300円)
※団体は20名以上
主催: 北國新聞社・社団法人日展・日展石川会
後援: 石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会、財団法人石川県芸術文化協会、財団法人石川県美術文化協会、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、金沢ケーブルテレビネット
お問合せ:
北國新聞社事業局
TEL:076-260-3581
Eメール:jigyo@hokkoku.co.jp
終了しました
# by yachuda | 2010-06-01 11:48 | 展覧会情報

第41回 日展 福岡展

日本最大規模の総合公募展「日展」の福岡巡回展。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する日展会長、顧問、理事、監事、参事、参与、評議員、会員、新審査員、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、日展会員賞、特選などの代表作品273点(全国巡回指定作品)と地元出品作品187点の合計460点を展示

会場  福岡市美術館 (福岡市大濠公園1-6)
    Tel. 092-714-6051
会期  平成22年4月24日(土)~平成22年5月16日(月)
休館日 4月26日(月)、5月6日(木)、5月10日(月)
開館時間  午前9時30分~午後5時30分(入場は閉館の30分前まで)
入場料  一般:当日券1,100円 (900円)
     高校・大学生:当日700円 (500円)
     中学生以下:無料
( )内は前売り、20名以上の団体およびシルバー手帳、療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者の料金

主催 福岡県 福岡市 西日本新聞社 テレビ西日本 社団法人日展
後援 
佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、山口県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団、(財)九州文化協会、福岡文化連盟、NHK福岡放送局、TVQ九州放送、大分合同新聞社、FM福岡、cross fm、LOVE FM、天神エフエム、西日本リビング新聞社、九州旅客鉄道、西日本鉄道、西日本文化サークル連合、西日本新聞天神文化サークル
協力 日本航空
お問合せ
西日本新聞社事業局事業部
〒810-8721 福岡市中央区天神1-4-1 TEL.092-711-5550 FAX.092-711-8120
終了しました
第41回 日展 福岡展_e0126489_1721422.jpg

# by yachuda | 2010-04-12 12:08 | 展覧会情報

美術展覧会の美術品搬入出作業のお手伝いです。 

就業場所  国立新美術館  東京都港区六本木7-22-2
        交通  東京メトロ千代田線乃木坂駅
集合場所  (千代田線乃木坂駅5番出口を出て左30m国立新美術館西ゲート前)

就業日時  平成22年4月26日(月) 14:30~18:00
        平成22年4月27日(火) 9:30~17:30(12:00~13:00昼休憩)

賃金     4月26日日給4,500円
         4月27日日給8,000円
賃金支払  作業終了後、現金にて支給
条件等   大学生以上の方
        身分の証明できるもの(学生証・免許証等)持参して下さい。
        運搬作業ですので男子向きです。
        作業着(ポロシャツ)・軍手はお貸しします。
        26日・27日のいずれか1日のみの応募も可能です。

申込・問い合わせは
        株式会社谷中田美術(ヤチュウダビジュツ)
        国立新美術館アルバイト担当係
        TEL 03-3823-1539迄
募集は締め切りました
# by yachuda | 2010-04-02 13:57 | アルバイト情報

コレクション展

台東区と東京藝術大学のそれぞれのコレクションをまとめた2部構成の展覧会です
Part1 朝倉文夫-朝倉彫塑館所蔵-
Part2 芸大コレクション-動物を中心に-

会場:東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12−8)
○JR上野駅公園口、JR鶯谷駅、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
○京成上野駅、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩15分
○台東区巡回バス・東西めぐりん4番 東京藝術大学下車
会期:2010年4月6日(火)~6月6日(日)月曜休館 ・但し5月3日(月・祝)は開館
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
入場料:一般500円(400円)高校・大学生300円(200円)中学生以下は無料
    ※()内は20名以上の団体料金
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催:台東区・東京藝術大学・(財)台東区芸術文化財団
後援: 産経新聞社
助成: 藝大フレンズ賛助金助成事業
問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600
展覧会の詳しい内容は下記の台東区HPもしくは芸大美術館HPをご覧ください
東京都台東区公式HP
東京藝術大学大学美術館HP
終了しました
コレクション展_e0126489_14311731.jpg

# by yachuda | 2010-03-12 14:31 | 展覧会情報

第7回 日彫会新鋭選抜展

社団法人日本彫刻会に所属する気鋭の若手作家の発表の場として企画創設された展覧会です。1996年、「日本彫刻会新人選抜展-Bou貌-」に始まり、名称を変更しつつ、今回通算9度目にあたる「第7回日彫会新鋭選抜展-28の熱源から-」を開催します。

会場:美術会館・ギャラリー青羅
   〒104-0061東京都中央区銀座3-10-19 1F
   TEL03-3542-3473
会期:2010年3月28日(日)~4月10日(土) 会期中無休
開場時間:11:00~19:00(初日13:00開会・最終日16:00閉会)
主催:社団法人日本彫刻会
お問合せ等は下記日本彫刻会HPをご覧ください
http://www.niccho.com/
終了しました
第7回 日彫会新鋭選抜展_e0126489_1037244.jpg

# by yachuda | 2010-03-09 10:38 | 展覧会情報

第32回 日本新工芸展

会場 国立新美術館  東京都港区六本木7-22-2
    交通  東京メトロ千代田線乃木坂駅(6出口直結)
会期 平成22年5月12日(水)~5月23日(日)午前10時~午後6時
        休館日 5月18日(火)
主催 社団法人 日本新工芸家連盟
後援 文化庁・東京都・NHK

出品要綱

作品寸法
(A)立体一器物40cm立方以内 その他は60cm立方以内(容積換算)
(B)平面-たて200cm、よこ180cm以内(屏風を含む、外装共)
(C)棚類-たて180cm、よこ150cm、奥行50cm以内 
(D)重量いずれも60kg以内
出品料 公募作品1点につき8,000円(但し、2点以上は1点につき4,000円づつ加算)
事故対策費 会員作品・公募作品共1点につき1,000円
出品点数  公募出品は制限無し 会員は1点
授賞
会員作品  内閣総理大臣賞1名 文部科学大臣賞1名 上野の森美術館賞1名 
        帖佐美行記念賞1名 会員賞5名 会員佳作賞若干名
公募作品 東京都知事賞1名 NHK会長賞1名 上野の森美術館奨励賞1名
       日本新工芸賞4名 会友賞1名 日本新工芸奨励賞若干名
搬入場所  
株式会社谷中田美術 東京都文京区向丘2-33-5 TEL03-3823-1539
搬入日時  平成22年4月8日(木)・9日(金)午前10時~午後4時
搬入手続
出品者は必ず所定の申込用紙に記入の上、出品手数料を添えて作品と共に提出の事。
作品には必ず氏名・題名を明記して貼付し、尚正面の判りにくいものには正面を標示する事。(図録写真撮影の都合上)
申込用紙には必ず手取価格を記入する。(買上げの場合は任意の寄附金を募ります。)
同封の鑑審査結果通知用封筒に〒・住所・氏名を明記して申込書に添え提出。
(住所はくわしく。切手不要)
(地方より作品を託送搬入する場合)
作品は、荷受人(宛先)を〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5(株)谷中田美術 (TEL.03-3823-1539)として搬入最終日の2日前までに、出品申込書ならびに出品手数料は4日前までに同運送に必着。荷受・荷解・材料保管・搬入代行料は出品料に含まれておりませんので、各金額につきましては荷受人(株)谷中田美術へお問合せ下さい。※出品申込書・出品手数料・事故対策費は、作品とは別に、現金書留でお送り下さい。
くわしくは、事務局におたずね下さい。
搬出日    
選外作品 平成22年4月24日(土) 9:00~17:00
入選作品 平成22年5月28日(金)・29日(土) 9:00~17:00
搬出注意
作品預り証をご持参下さい。搬出日時を厳守して下さい。期間中に搬出されないものは新工芸展において責任を持ちません。期間内に搬出されないものは、(株)谷中田美術に「保管」を依頼しますが、この場合、保管料がかかります。保管期間は、搬出締切日の翌日から10日間とし、この間に同社に連絡(引き取り)ください。

事務局
社団法人日本新工芸家連盟 
114-0014 東京都北区田端3-13-2谷中田美術第2ビル4階 
TEL 03-3828-5470
E-mail kojima@nihon-shinkogei.or.jp
詳しくは下記の日本新工芸家連盟HPをご覧ください
http://www.nihon-shinkogei.or.jp/

弊社は新工芸展指定の美術運送業者です。
委託搬入出等に関するお問い合わせは、ご気軽にご連絡下さい
㈱谷中田美術 新工芸展係 TEL03-3823-1539


終了しました
# by yachuda | 2010-03-02 13:44 | 展覧会情報