人気ブログランキング |

本展覧会は、今年で第56回を迎える「日本現代工芸美術展」の巡回展です。用と美を兼ねた工芸が美術になる可能性を推し進め、工芸の多様な素材を駆使し、作家の美的感覚によって独特の美を追求するというその活動は、確実に日本の工芸界のひとつの道標を築いてまいりました。本展では、日本工芸界を代表する文化功労者、日本芸術院会員をはじめ、現代工芸の分野で活躍する精鋭作家群による、独創的なコンセプトによって表現された多様な作品を一堂にご紹介いたします。陶磁、染織、金属、漆、人形、ガラス、革、七宝などの多様な素材を用い、踏襲された伝統技法と現代的なコンセプトをあわせて表現された作品の数々をご紹介いたします。新たな工芸のスタイルの構築を目指して、今も歩み続ける工芸人たちの世界を肌で感じていただければ幸いです。(なかとみ現代工芸美術館HP抜粋)
会場
身延町なかとみ現代工芸美術館
山梨県南巨摩郡身延町西嶋345 TEL.0556(20)4555
会期 
平成29年12月15日(金) ~ 平成30年2月4日(日)
開館時間 
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 
大人 500円(450円) 大・高校生 300円(270円) 小・中学生 100円(90円)
※(  )は20名以上の団体料金
休館日
平成29年12月28日(木)~平成30年1月2日(火) 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)

第56回日本現代工芸美術展山梨展_e0126489_18032070.jpg

# by yachuda | 2017-11-25 17:07 | 展覧会情報

日本現代工芸美術展の高松巡回展を8年ぶりに開催する運びとなりました。高松市で開催するのは1964年以来今回で39回目となります。日本を代表する現代工芸作家の作品と四国関係作家の出品作品を、合計102点を展示いたします。現代の工芸作家が多種多様な素材を駆使し、独創的で現代を意識した工芸作品群を、是非ご高覧戴きたくご案内申し上げます。(チラシより抜粋)

会場
高松市美術館
〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
TEL 087-823-1711 FAX 087-851-7250
会期
平成29年12月2日(土)~12月7日(木)
開館時間
9:30~17:00 ※最終日7日は16:30閉会
休館日
12月4日(月)
入場料
一般大学生500円(400円)・高校生以下無料
主催
一般社団法人現代工芸美術家協会・現代工芸美術家協会四国会
後援
朝日新聞高松総局・RNC西日本放送・NHK高松放送局・香川県・KSB瀬戸内海放送・四国新聞社・高松市
助成
(公財)置県百年記念香川県文化芸術振興財団

第56回日本現代工芸美術展高松展_e0126489_16525022.jpg


# by yachuda | 2017-11-15 16:33 | 展覧会情報

初期作から最新作まで約250点を紹介する初の全国巡回展
野生の匂いと息づかい。自らをたのみにたくましく生き抜く自信と気高さ。2017年秋から冬にかけ、長崎県美術館の展示室は「いきものたち」の気配と音に満たされます。ブラティスラヴァ世界絵本原画展で連続受賞を果たすなど、その活躍がますます注目される画家・絵本作家のミロコマチコ。本展では、展覧会のために描き下ろした絵画をはじめ絵本原画、立体作品、人形、家具ブランドとのコラボレーションなど多彩な作品約250点によって、その魅力に満ちた世界を余すことなくお伝えします。(長崎県美術館HP抜粋)

会場
長崎県美術館 企画展示室 
長崎県長崎市出島町2番1号 TEL:095-833-2110
会期
2017年11月11日(土) ~ 2018年01月08日(月・祝)
休館日
11月13日(月)、11月27日(月)、12月11日(月)、12月25日(月)、12月29日(金)~2018年1月1日(元日)
開館時間
10:00~20:00
*2018年1月2日(火)、3日(水)は18:00まで(最終入場は閉館30分前)
観覧料
一般1,000円(800円)・大学生/70歳以上800円(600円)・高校生以下無料
※( )は前売り・15名以上の団体割引料金。
※前売券の販売は10/11(水)~11/10(金)。
※障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。
※本展のチケットでコレクション展に入場可。
主催
長崎県美術館、毎日新聞社
協力
アルフレックスジャパン、あかね書房、イースト・プレス、岩崎書店、WAVE出版、学研プラス、小学館、ブロンズ新社
企画協力
世田谷文学館
後援
長崎県、長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎県立長崎図書館、長崎市立図書館、諫早市立図書館、長崎県書店商業組合、長崎新聞社、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ、長崎ケーブルメディア、エフエム長崎

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる 長崎展_e0126489_12513151.jpg

# by yachuda | 2017-10-20 12:43 | 展覧会情報

アートになった猫たち 浮世絵から現代美術まで 
猫と美術をこよなく愛するコレクターが収集した、猫がモティーフの絵画・版画・彫刻など約200点を展示

会場
北海道立函館美術館
北海道函館市五稜郭町37-6
期間
2017年11月3日(金)〜2018年1月21日(日)
開館時間
9:30〜17:00(入場は30分前まで)
休館
月曜日(11/6,1/8は開館)、12月29日(金)〜1月3日(水)、1月9日(火)
料金
一般 1,000円(800円)・高大生 600円(400円)・小中生 300円(200円)
※( )内は前売り・リピーター割引・10名以上の団体料金。
※ミュージアム・コレクションと同時観覧の場合(税込み)/一般 1,110(1,010)円、高大生 660(510)円 (11月3日~7日はのぞく)
※小・中・高校生は、土曜日ならびに学校の教育活動(引率者含む)で利用する場合、観覧料免除
※リピーター割引=当館または他の道立美術館で開催された特別展の半券の提示により、特別展のチケット1枚が割引。(半券1枚につき、1回限り有効。半券の有効期限は、当該半券の会期の最終日から1年間)
※親子割引=親子等でご観覧の方は各50円引き
※函館市電・函館バスの1日乗車券・2日乗車券、五稜郭タワー搭乗券半券をご提示の方は一般100円引き、高大生・小中生は50円引き
※猫わり=愛猫の写真を持ってきた来館者には観覧料を優待料金とする。(1枚につき1名)一般900円、高大生550円、小中生250円

招き猫亭コレクション 猫まみれ展 函館展_e0126489_1315583.jpg

# by yachuda | 2017-10-10 13:02 | 展覧会情報

樋口一葉生誕145年記念特別展

会場
台東区立一葉記念館 展示室1・2
東京都台東区竜泉3丁目18番4号 電話:(03)3873-0004
会期
平成29年11月1日(水)~平成30年1月28日(日)
休館日
毎週月曜日、年末年始
開館時間
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
(※11月6日は酉の市のため開館、11月7日は休館。1月8日は開館、1月9日は休館。)
入館料
大人300円(200円)・小中高生100円(50円)
※( )は20名以上の団体
※障害者手帳および特定疾患医療受給者証をお持ちの方とその介助者の方は無料
※毎週土曜日は、台東区内在住・在学の小・中学生とその引率者の入館料が無料
主催
公益財団法人台東区芸術文化財団・台東区立一葉記念館

「樋口一葉と博文館」~「奇蹟の14ヵ月」をプロデュース_e0126489_1302560.jpg

# by yachuda | 2017-10-05 12:54 | 展覧会情報

日本国内最大級の公募展(日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書)日展

会場  
国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期   
2017年11月3日(金祝)~12月10日(日)
観覧時間   
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
休館日   
毎週火曜日
入場料
一般 1,200円(1,000円) 高・大学生 700円(500円)
※小中学生は無料。
※( )は前売り券・団体券
11月10日(金)は「日展の日」、終日入場無料。
※団体券は20名以上。20枚購入につき招待券1枚を進呈。 
前売券は、チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイドほか主要プレイガイド、デパート友の会、画廊、画材店、JTB、近畿日本ツーリストなどで発売。(前売券販売期間 9月1日~11月2日)
ペアチケット【前売りコンピューターチケットのみ】
お二人で入場の方、またはお一人で会期中2回入場いただく方に、お得なチケットです。1枚 1,800円
※他の割引との併用はできません。(販売期間は前売券と同じ)
トワイライトチケット【時間限定入場券・会場窓口販売】
観覧時間:午後4時~午後6時
入場料:一般 300円 / 高・大学生 200円

主催  
公益社団法人 日展
後援
文化庁・東京都

改組新第4回日展に関する詳しい内容・割引チケット等の情報などは下記の日展WEBサイトをご覧下さい
https://www.nitten.or.jp/index.html
Facebookでのイベントなどの最新情報
https://www.facebook.com/Nitten.ART

弊社は日展の指定業者です。
日展ご出品の搬入出等代行など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  日展係(受付時間9:00~17:00)


改組 新 第4回日展(日本美術展覧会)_e0126489_1720644.jpg

# by yachuda | 2017-09-25 17:20

第58回日本版画会展

会場
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
会期   
2017年11月26日(日)〜12月2日(土)
開催時間  
9:30〜17:30(入場は16:30まで) 
※最終日は15:00で終了(入場は14:00まで)
入場料  
無料
主催  
日本版画会
後援  
文化庁 東京都

第58回 日本版画会展作品公募規定
■応募資格
年齢・国籍など一切問いません。
※国外出品者は別規定(別紙)によります。
■応募作品規定
●本人の創作で、他の展覧会等に未発表の版画(凸版・凹版・平版・孔版など版を主体とした)作品。
●著作権、肖像権等の侵害に抵触するおそれのある作品は受け付けません。かつ本人の創作でないと認められた際には、入賞を取り消す場合があります。
●一人3点迄(1,2 部門を含めて)
第1部門(普通作品)額外寸の縦横合計が95cmを超え4m未満
第2部門(小作品)額外寸縦横合計95㎝未満
第3部門(児童生徒)画用紙四ツ切り(392×542mm)以内の作品。額装しないで作品のみの出品でもよい。(第3部門には専用応募用紙を用意しています。事務局へお申し込みください)
●額装のこと (作品保護の為アクリル板使用※ガラスは不可。また、額にネジが露出するなど、危険がある場合や、作品の保護が不十分な場合は、受付けできないことがあります。)
■出品料
一般 7,000円(3点迄)
学生 3,000円(3点迄)
児童 2,000円(3点まで)
委託搬入のかたは9月末日までに郵便振替にて払込ください。
直接搬入のかたは搬入時に現金でお支払いください。
郵便振替 00170-3-413040 日本版画会
出品料のお払い込みが無く、作品が出品された場合は、審査の対象とせず、料金着払いで返送する。
■出品手続
「応募申込票」「作品受領書」に必要事項を楷書でもれなく記入し、封筒に入れて作品と共に提出して下さい。額の裏面右上に「作品貼付票」を貼って下さい。
■応募方法
❶委託配送搬入受付  9月30日(土)~10月3日(火)まで
※宅配、郵便等で作品に「応募申込票」を同封して下記宛先まで送付下さい。作品の大きさによって、月日時間指定ができないので早めに対応のこと。
(株)谷中田美術 日本版画会展係 
〒113-0023 東京都文京区向丘2-33-5 
☎03-3823-1539 FAX.03-3821-4476

❷直接搬入の方 10月6日(金)〜8日(日) 10:00〜16:00 
上記(株)谷中田美術2階 日本版画会展受付にて搬入して下さい。
■作品返却方法
❶委託業者搬出
入選、選外作品共に展覧会終了後、(株)谷中田美術より着払いで返送します。(梱包、送料は自己負担)
※応募者の住所、氏名が不明瞭等の理由で、返送作品が主催者側に返送され、一定期間経過しても応募者から連絡のない場合所有権を放棄したものとみなし、主催者側で自由に処分致します。また、返送は順次行いますので、1ヶ月以上の時間的差が生じます。
※返送については業者と作家との契約によりますので、日本版画会は責を負いません。
❷直接搬出 
申込票の搬出方法の欄に必ず「直」と書いて下さい。 
日時:12月3日(日) 10:00〜15:00(時間厳守) 
場所:東京都美術館地下 本会受付にて
作品受領書を提示し手続を行います。手続のないものは❶の方法で業者より返送します。(費用は自己負担)
■審査・陳列
出品作品は全て当会の審査を経て、入選作品を陳列し、優秀な作品には賞を贈ります。
■入選発表
入選、選外共に結果は10月31日頃に書面で通知します。
■その他
◇応募作品の写真や個人情報は、厳重に管理し、賞品の発送、報道発表、会のホームページ及び作品集の作成等に使用しますので、あらかじめご承知の上、ご出品ください。
◇陳列作品は如何なる理由があっても会期中は搬出できません。
◇出品作品については、本会で充分保管に注意しますが、不慮の災害などの場合は、その責任は負えません。
◇額の発送に関しては強度、梱包に充分配慮して出品して下さい。
◇審査、陳列についての異議の申立ては認められません。
◇作品売却の時は、売価の2割を本会に納めて下さい。
弊社は日本版画会展の指定業者です。
日本版画会展ご出品の搬入出等代行など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  日本版画会展係(受付時間9:00~17:00)

第58回日本版画会展_e0126489_16162060.jpg

# by yachuda | 2017-09-20 16:07 | 展覧会情報

第47回 全陶展

上野の森の晴れ舞台、東京都美術館へ。 第47回公募全陶展
全陶展は陶磁専門の公募展では世界一の規模を誇ります。茶陶からオブジェ陶まで、ジャンルの制約もありません。文部科学大臣賞、東京都知事賞、全陶展大賞、金子賢治賞など審査員17名の無記名、10点法の採点によって厳正、公正に審査されています。

会場   
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)ギャラリーA・B・C
JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
会期   
平成29年10月17日(火)~11月24日(日)
開催時間  
午前9時30分〜午後5時30分
(入場は30分前まで。最終日は午後2時30分終了) 
入場料 
一般800円 学生500円
主催  
全陶展
後援  
文化庁・東京都
協賛  
陶業時報社
お問い合わせ
〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-52-14-B1 TEL/FAX 03(5394)1721
公募に関する詳しい応募要綱・出品申し込み等は下記全陶展HPをご覧下さい
http://www.zentoten.com/

弊社は全陶展の指定業者です。
全陶展ご出品の搬入代行・搬出委託など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  全陶展係(受付時間9:00~17:00)


第47回 全陶展_e0126489_17335195.jpg

# by yachuda | 2017-09-03 17:34 | 展覧会情報

第71回二紀展

会場  
国立新美術館 
〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期  
平成29年10月18日(水)~10月30日(月)
休館日 
10月24日(火)
開催時間 
午前10時~午後6時(入場は閉館30分前まで)
※最終日24日は14:30終了
入場料 
一般 700円
お子様連れご家族(何名でも)1組700円
大学生以下・障害者手帳をお持ちの方及び付添者1名まで無料
お問合せ先 
〒114-0014 東京都北区田端3-13-2谷中田美術第2ビル
社団法人 二紀会 TEL 03-5685-6791  FAX 03-5685-6792
二紀展の公募出品に関する詳しい内容は下記二紀会HPをご覧下さい
http://niki-kai.com/

弊社は二紀展の指定業者です。
二紀展ご出品の搬入出等代行など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  二紀展係(受付時間9:00~17:00)


第71回二紀展_e0126489_14575078.jpg

# by yachuda | 2017-09-03 14:57 | 展覧会情報

このたび高島屋では東京、京都、大阪、名古屋、横浜の各店において「原初の思考-Face the Material」を美術部創設110年記念の一環として開催いたします。
今展は1990年代に高島屋各店を巡回開催して話題になった企画展「陶芸の現在」シリーズの21世紀版として、時代とともに変化していく工芸と美術の関係性を捉え、陶、漆、金属、竹をそれぞれの素材に、現在世界で活躍する現代作家8名による展覧会を企画いたしました。(高島屋HP抜粋)

会場
日本橋高島屋 6階美術画廊
〒103-8265東京都中央区日本橋2丁目4番1号
開催期間
9月20日(水)~26日(火)
開催時間 
午前10時30分~午後7時30分
※最終日は午後4時閉場。
入場無料
お問い合わせ
6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310
出品作家
秋山 陽・小川 待子・隠﨑 隆一・加藤 委・田中 信行・田辺 竹雲斎・畠山 耕治・三原 研

原初の思考-Face the Material_e0126489_1701632.jpg

# by yachuda | 2017-09-01 16:52