政府の地方創生事業の支援を受けて、産学官が連携し、最新技術による国宝法隆寺釈迦三尊像の再現が実現しました。東京藝術大学が法隆寺ならび文化庁から許可を得て、国宝法隆寺釈迦三尊像を計測・解析したデータをもとに、3Dプリンターによる原型を作成、その原型を用い、伝統工芸高岡銅器振興協同組合、井波彫刻協同組合の職人達が、知己で受け継がれた鋳物や彫刻の伝統技術により現代への再現に挑戦、最終的に東京藝術大学で仕上げを行い、時代を超えた美の未来への継承を行いました。(リーフレット抜粋)

開催場所
ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール・ホワイエ
〒933-0023 富山県高岡市末広町2 富山県高岡市末広町1-7
開催期間
平成29年3月10日(金)~3月20日(月・祝)
開催時間
10:00~18:00(※入場は17:30まで)
観覧料 無料

オープニング
※定員100名、事前申し込み、先着順
日時:平成29年3月9日(木)17:45~19:45
場所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
内容
(内覧会) 
(洋遊会と東京藝術大学のコラボレーションによる雅楽演奏)
 ※洋遊会/江戸時代からの歴史がある高岡市の雅楽体
(トークイベント)

お問い合わせ
400年を超える高岡市の鋳物技術と600年を超える南砺市の彫刻技術を活用した地場産業活性化モデルの構築・展開事業推進協議会 事務局
TEL 0766-20-1395  FAX 0766-20-1287(高岡市産業企画課)

e0126489_105789.jpg
            
# by yachuda | 2017-02-20 13:43 | 展覧会情報

改組 新 第3回日展大阪展

日本最大規模の総合公募展「改組新第3回日展」の大阪巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国巡回作品247点と大阪・兵庫・奈良・和歌山の地元関係作家作品341点の計588点を展示します。

会場  大阪市立美術館(天王寺公園内)
     Tel. 06-4301-7285
     〒543-0063   大阪市天王寺区茶臼山町1-82
     交通:大阪市営地下鉄御堂筋線・谷町線・JR天王寺駅、
      近鉄あべの橋駅、大阪市バスあべの橋口停留所下車
会期  平成29年2月18日(土)~3月20日(月・祝)
休館日 毎週月曜日(3月20日は開館)
開館時間  午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)。
入場料  一般:1,000円(800円) 高大生:700円(500円)
      大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金となります。
      ※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料[要証明]
      ※カッコ内は前売り・20名以上の団体料金
主催 大阪市立美術館、公益社団法人日展

作品プレゼント
土曜日に来館された先着150名様に、美術館入口にて抽選券をお渡しします。
2/18(土)  日本画
2/25(土)  洋画
3/4(土)   彫刻
3/11(土)  工芸美術
3/18(土)  書
※抽選会は10:30より、美術館の中央ホールにて行います。

e0126489_1314964.jpg

# by yachuda | 2017-01-30 13:06 | 展覧会情報

改組新第3回日展東海展

日本最大規模の総合公募展「改組新3回日展」の東海巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国巡回作品246点と東海三県の地元関係作家作品331点の計577点を展示します。


会場  愛知県美術館ギャラリー
     (名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階)
     TEL:052-971-5511(代)
     地下鉄東山・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩3分
会期  2017年1月25日(水)~2月12日(日)
休館日 月曜日(1月30日・2月6日)
開館時間  午前10時から午後6時(入場は午後5時30分まで)。
        毎週金曜は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
入場料  一般1000円(800円)、高大生700円(500円)、小中生400円(200円)。
       ( )は前売り、20名以上の団体料金

主催 :公益社団法人日展、中日新聞社
特別協賛 :理研産業補聴器センター
後援 :愛知・岐阜・三重各県教育委員会、名古屋市教育委員会
協力 :名古屋市交通局、名古屋鉄道、近畿日本鉄道

お問い合せ  〒460-8511 名古屋市中区三の丸1-6-1
         中日新聞社文化事業部「日展」事務局 TEL:052-201-3766
日展東海展の詳細や会期中のイベント等は下記の日展東海展HPへ
http://www.chunichi.co.jp/event/nitten/index.html

e0126489_17492677.jpg

# by yachuda | 2017-01-10 17:49 | 展覧会情報

陶美展は、旧一水会陶芸部を解散し、2012年に新たに人間国宝を含む新規会員も募りながら、2013年5月を第1回として開催した公募展です。日本橋高島屋美術画廊にて毎年、陶芸の人間国宝10名の内6名が、会員と一般公募を含めた約120人の出品で展開しています。次回の第5回を前に会員作家のみによる展覧会を開催いたします。

会場
日本橋高島屋 6階美術画廊
〒103-8265東京都中央区日本橋2丁目4番1号
開催期間
1月18日(水)~24日(火)
開催時間 
午前10時30分~午後7時30分
※最終日は午後4時閉場。
入場無料

【井上萬二先生によるギャラリートーク】
1月18日(水)午後3時~
お問い合わせ
日本橋高島屋美術画廊 
直通TEL(03)3246-4310

e0126489_1246785.jpg

# by yachuda | 2017-01-06 12:40 | 展覧会情報

謹賀新年

お取引先様各位

新年明けましておめでとうございます。
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

                                   
                             
                         平成29年 元旦
                                    

                               
                         ㈱ 谷中田美術

                       代表取締役社長 谷中田國弘

                               社員一同
# by yachuda | 2017-01-01 08:44 | お知らせ

年末年始営業のお知らせ

皆様におきましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より弊社をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
誠に恐縮でございますが、平成28年12月29日(木)~平成29年1月5日(木) 迄
業務をお休みさせて頂きます。
なお、1月6日(金)より通常通り営業させて戴きます。

平成28年12月

株式会社 谷中田美術
〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5
TEL (03) 3823-1539
FAX (03) 3821-4476
http://www.yachuda.co.jp
# by yachuda | 2016-12-20 16:53 | お知らせ

猫を愛してやまない美術コレクター・招き猫亭氏が約40年に渡り収集してきた、猫をモティーフにした美術品の数々を一挙にご紹介します。

会場
川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
TEL:049-228-8080(直通)
会期
平成28年1月14日(土)~平成29年3月12日(日)
休館日
毎週月曜日
※平成28年12月25日(日)~平成29年1月4日(水曜)まで、
 特別整理期間・年末年始休館の為休館
開館時間
午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般 500円(400円)
大学生・高校生 250円(200円)
中学生以下 無料
 ( )内は20名以上の団体料金
身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金
2月22日(水曜)は「猫の日」にちなみ団体料金で観覧できます
主催
川越市立美術館
後援
朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞社埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5
協力
招き猫亭
企画協力
アートシード

e0126489_16221687.jpg

# by yachuda | 2016-12-15 16:12 | 展覧会情報

改組新第3回日展京都展

日本最大規模の総合公募展「改組新第3回日展」の京都巡回展。
日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門を設け、全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元作品を展示。

会場 
京都市美術館
〒606-8344 京都市左京区円勝寺町124(岡崎公園内)
Tel.075-771-4107
会期 
平成28年12月10日(土)~平成28年1月15日(日)
休館日 
毎週月曜日及び12月28日から1月2日まで、ただし1月9日(月・祝)は開館
開館時間  
AM 9:00〜PM 5:00(ただし入場はPM 4:30まで)
※12月10日(土)は10時から開会式
入場料 
一般1000円(800円) 高大生600円(500円)小中生無料
※( )内20名以上の団体料金
①中学生以下の方,②京都府下・滋賀県下に在住または通勤・通学の3月末18才以下の方,③京都市内在住の満70才以上の方,④障害者手帳等を掲示の方は無料
主催 
改組新第2回日展京都展実行委員会(京都市・京都新聞社)
後援
京都市教育委員会、京都商工会議所、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都

展覧会の関連事業・お問い合わせは等は下記京都市美術館HPをご覧ください。
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/index.html

e0126489_10445927.jpg

# by yachuda | 2016-12-02 10:46 | 展覧会情報

震災復興支援文化財救済活動チャリティー企画
日本イタリア国交150周年記念
松山三越70周年特別記念展

会場
松山三越7階特設会場
〒790-8532 愛媛県松山市一番町3-1-1
会期
平成28年12月13日(火)~12月29日(木)
開催時間
10:00~19:00
※入場は18:30迄
※最終日29日は16:00閉会(入場は15:30迄)
入場料
一般・大学生900円(700) 小中高生700円(500) 小学生未満無料
※( )は前売り料金
※三越伊勢丹カードご提示の方はご優待料金
主催
特定非営利活動法人日本国際文化遺産協会・「文化人・芸能人の多才な美術展」実行委員会
共催
愛媛新聞社
後援
文化庁・公益財団法人文化財保護芸術研究助成財団・公益財団法人ユネスコ協会連盟・公益財団法人文化財建造物保存技術協会・南海放送・テレビ愛媛・あいテレビ・愛媛朝日テレビ・愛媛CATV・FM愛媛
協力
イタリア大使館
企画
ラリス株式会社

e0126489_11471826.jpg

# by yachuda | 2016-12-01 11:38 | 展覧会情報

~彗星のごとくあらわれた、今注目の絵本作家~
類まれな色彩感覚と独自の造形表現、豊かな言語感覚によって生み出される作品が各方面から評価を受けているミロコマチコ。また画家としてコンスタントに個展を開催、壁画や天井画などの大型作品も制作し、ライブペインティングなど精力的な活動で幅広いファンの支持を得ています。(チラシより抜粋)

会場
美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
会期
平成28年12月1日(木)~12月25日(日)
会期中無休
開館時間
10:00~20:00
入館は閉館30分前まで
※但し、12月16日・17日・21日~24日は20:30迄開館
入館料
一般800円(600円)・高・大学生600円(400円)・小・中学生400円(200円)
※( )内は前売り料金
主催
美術館「えき」KYOTO、毎日新聞社
協力
アルフレックスジャパン、あかね書房、イースト・プレス、岩崎書店、WAVE出版、学研プラス、ブロンズ新社
企画協力
世田谷文学館

展覧会に関する詳しい内容及びイベントは下記HPをご覧ください
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/index.html

e0126489_1025970.jpg

# by yachuda | 2016-11-15 09:06 | 展覧会情報

宮田亮平は、1972年より東京藝術大学美術学部工芸科で教鞭をとり、2005年からは10年間にわたり東京藝術大学学長を務めました。2016年3月をもって退任となり、上野の山をおりました。そして、このたび宮田亮平 退任展「喜怒愛藝」を開催する運びとなりました。(東京藝術大学大学美術館HP抜粋)

会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、
停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
※駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮ください。
会期
2016年11月14日(月)~11月23日(水・祝)
※会期中無休
開館時間
午前10:00~午後17:00時(入館は16:30まで)
※11月14日は20:00まで
観覧料
無料
主催
東京藝術大学

宮田亮平ギャラリートーク
展示会場にて、宮田亮平による作品解説を行います。(事前申込不要・聴講無料)
参加をご希望の方は、開始時間までに展示室へお集まりください。
11月19日(土) 、20日(日) 両日とも14:00~

お問い合わせ
ハローダイヤル03-5777-8600

e0126489_14435069.jpg

# by yachuda | 2016-10-23 14:43 | 展覧会情報

第46回 全陶展

全陶展は画一的な価値観を排し、表現の自由を尊重する“自由な陶芸”をめざし、
併せて新人に大きく門戸を開放しています。

会場   
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)ギャラリーA・B・C
JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
会期   
平成28年11月17日(木)~11月24日(木)
休館日
11月21日(月)
開催時間  
午前9時30分〜午後5時30分
(入場は30分前まで。最終日は午後2時30分終了) 
入場料 
一般800円 学生500円
主催  
全陶展
後援  
文化庁・東京都
協賛  
陶業時報社
お問い合わせ
全陶展東京事務所 〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-52-14-B1 ℡ 03-5394-1721
全陶展本部 〒270-1164 千葉県我孫子市つくし野7-25-16  ℡ 04-7185-3191
公募に関する詳しい応募要綱・出品申し込み等は下記全陶展HPをご覧下さい
http://www.zentoten.com/

弊社は全陶展の指定業者です。
全陶展ご出品の搬入代行・搬出委託など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  全陶展係(受付時間9:00~17:00)


e0126489_18553648.jpg

# by yachuda | 2016-10-15 18:56 | 展覧会情報

日本国内最大級の公募展(日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書)日展

会場  
国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期   
2016年10月28日(金)~12月4日(日)
観覧時間   
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
休館日   
毎週火曜日
入場料
一般 1,200円(1,000円) 高・大学生 700円(500円)
※小中学生は無料。
※( )は前売り券・団体券
※団体券は20名以上。20枚購入につき招待券1枚を進呈。 
※11月12日(土)は「日展の日」、終日入場無料。
ペアチケット【前売りコンピューターチケットのみ】
1枚 1,800円
※二人で入場の方、または一人で会期中2回入場する方に、お得なチケット。
※他の割引との併用はできません。(販売期間は前売券と同じ)
トワイライトチケット【時間限定入場券・会場窓口販売】
入場料:一般 300円  高・大学生 200円
※観覧時間:午後4時~午後6時(入場は午後5時30分まで)

主催  
公益社団法人 日展
後援
文化庁・東京都

改組新第3回日展に関する詳しい内容・割引チケット等の情報などは下記の日展WEBサイトをご覧下さい
https://www.nitten.or.jp/index.html
Facebookでのイベントなどの最新情報
https://www.facebook.com/Nitten.ART

e0126489_14323418.jpg
e0126489_14324338.jpg

# by yachuda | 2016-10-05 14:19 | 展覧会情報

開館10周年記念
「風景への視線 ― 郡山市立美術館所蔵 近代イギリス風景画展」

会場
中村研一記念 小金井市立はけの森美術館
〒184-0012東京都小金井市中町1-11-3
会期
平成28年10月7日(金曜)~12月18日(日曜)
休館日
毎週月曜日、10月11日(火曜)
開館時間
午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般500円  小中学生200 円
※未就学児は無料
※障害者手帳をご呈示の方、および付添者1名は無料
主催
小金井市立はけの森美術館
特別協力
郡山市立美術館
助成
文化庁(平成28年度 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業)

e0126489_1824789.jpg

# by yachuda | 2016-09-25 18:08 | 展覧会情報

第57回日本版画会展

会場東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)LBF3・4棟
JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
会期   2016年11月17日(木)〜24日(木)
休館日  11月21日(月)
開催時間  9:30〜17:30(入場は16:30まで) 
       ※最終日は15:00で終了(入場は14:00まで)
入場料  無料
主催  日本版画会
後援  文化庁 東京都

●第57回 日本版画会展作品公募規定
■応募資格
年齢・国籍など一切問いません。
※国外出品者は別規定(別紙)によります。
■応募作品規定
●本人の創作で、他の展覧会等に未発表の版画(凸版・凹版・平版・孔版など版を主体とした)作品。
●著作権、肖像権等の侵害に抵触するおそれのある作品は受け付けません。かつ本人の創作でないと認められた際には、入賞を取り消す場合があります。
●一人3点迄(1,2 部門を含めて)
第1部門額外寸1.8m×2m〜45cm×50cm迄
第2部門額外寸縦横合計95 ㎝未満
第3部門 作品のみ提出 画用紙四つサイズ以下
●額装のこと (作品保護の為アクリル板使用※ガラスは不可。
また、額にネジが露出するなど、危険がある場合や、作品の保
護が不十分な場合は、受付けできないことがあります。)
■出品料
一般 7,000円(3点迄)
学生 3,000円(3点迄)
児童 2,000円(3点まで)
※9 月末日までに郵便局より払い込み下さい。
郵便振替 00170-3-413040 日本版画会
出品料のお払い込みが無く、作品が出品された場合は、審査の対象とせず、料金着払いで返送する。
■出品手続
「応募申込票」「作品受領書」に必要事項を楷書でもれなく記入し、封筒に入れて作品と共に提出して下さい。
額の裏面右上に「作品貼付票」を貼って下さい。
■応募方法
❶委託配送搬入受付  10月1日(土)~ 6日(水)まで
※宅配、郵便等で作品に「応募申込票」を同封して下記宛先まで送付下さい。作品の大きさによって、月日時間指定ができないので早めに対応のこと。
(株)谷中田美術 日本版画会展係 
〒113-0023 東京都文京区向丘2-33-5 
☎03-3823-1539 FAX.03-3821-4476
❷直接搬入の方 10月6日(木)・8日(土) 10:00〜16:00 
上記(株)谷中田美術2階 日本版画会展受付にて搬入して下さい。
■作品返却方法
❶委託業者搬出
入選、選外作品共に展覧会終了後、(株)谷中田美術より着払いで返送します。(梱包、送料は自己負担)
※応募者の住所、氏名が不明瞭等の理由で、返送作品が主催者側に返送され、一定期間経過しても応募者から連絡のない場合所有権を放棄したものとみなし、主催者側で自由に処分致します。また、返送は順次行いますので、1ヶ月以上の時間的差が生じます。
※返送については業者と作家との契約によりますので、日本版画会は責を負いません。
❷直接搬出 
申込票の搬出方法の欄に必ず「直」と書いて下さい。 
日時:11月25日(金) 10:00〜15:00(時間厳守) 
場所:東京都美術館地下 本会受付にて
作品受領書を提示し手続を行います。手続のないものは❶の方法で業者より返送します。(費用は自己負担)
■審査・陳列
出品作品は全て当会の審査を経て、入選作品を陳列し、優秀な作品には賞を贈ります。
■入選発表
入選、選外共に結果は10月31日頃に書面で通知します。
■その他
◇応募作品の写真や個人情報は、厳重に管理し、賞品の発送、報道発表、会のホームページ及び作品集の作成等に使用しますので、あらかじめご承知の上、ご出品ください。
◇陳列作品は如何なる理由があっても会期中は搬出できません。
◇出品作品については、本会で充分保管に注意しますが、不慮の災害などの場合は、その責任は負えません。
◇額の発送に関しては強度、梱包に充分配慮して出品して下さい。
◇審査、陳列についての異議の申立ては認められません。
◇作品売却の時は、売価の2割を本会に納めて下さい。

e0126489_18451881.jpg

# by yachuda | 2016-09-19 18:39 | 展覧会情報

猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」が40年を費やして集めた古今東西の猫作品を一堂にご紹介する展覧会。スタンラン、ビアズリー、ルイ・イカール、ウォーホルらの海外組。国芳、広重、小林清親ら、浮世絵の中の猫たち。他にレオナール・フジタ(藤田嗣治)、竹久夢二、池田満寿夫、横尾忠則、金子國義、木下晋、生田宏司など猫愛に溢れた絵画、彫刻、版画、ポスターなど約200点にまみれて、ニャンとも「猫ひいき」な秋のひと時をお楽しみください。(いわき市立美術館HP抜粋)

会場:
いわき市立美術館(〒970-8026福島県いわき市平字堂根町4-4)2階企画展示室
JR常磐線・磐越東線いわき駅より徒歩12分
会期:
2016年9月17日(土曜日)から10月23日(日曜日)まで
休館日:
月曜日(ただし、9月19日と10月10日の祝日は開館、その翌日は休館)
開館時間:
午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)
観覧料:
一般 800円(640円)
高・高専・大生 400円(320円)
小・中生 200円(160円)
( )内は20名以上の団体割引料金
観覧料が無料になる場合
※いわき市在住の65歳以上の方
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方
※市内の小・中・高・専修・高専生(ただし、土曜日と日曜日のみ)
主催:
いわき市立美術館
協力:
猫招き亭
企画協力:
アートシード
終了しました。
e0126489_13575648.jpg

# by yachuda | 2016-09-04 13:52 | 展覧会情報

朝倉彫塑館のあるじで、近代日本を代表する彫刻家 朝倉文夫(1883~1964)には、際立った個性を放つ二人の娘がいました。ひとりは日本画から舞台美術へと活動の場を広げた長女の朝倉摂(1922~2014)、もうひとりは彫刻家としての道を邁進し独自のスタイルを確立した次女の朝倉響子(1925~2016)です。
本年は、朝倉文夫が丹精込めて作り上げた朝倉彫塑館が、ふたりの娘の手によって台東区に寄贈されて30年を迎えます。共通の時間を過ごした朝倉彫塑館で、三人の作品をご覧いただくことができる初めての機会です。三者三様の表現、父とふたりの娘たちの関係をご紹介しながら、それぞれの芸術観に迫ります。(台東区HP抜粋)

会場:
台東区立朝倉彫塑館(〒110-0001台東区谷中7丁目18番10号)
JR、京成線、日暮里・舎人ライナー 日暮里駅北改札口を出て西口から徒歩5分
会期: 
平成28年9月17日(土)~12月11日(日)※会期中一部展示替えあり
開館時間: 
午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:
月・木曜日(祝日と重なる場合は翌日)
入館料:
一般500円(300円)/小中高生250円(150円)
※( )内は、20人以上の団体料金
※障害者手帳提示者、特定疾患医療受給者証提示者およびその介護者は無料
※毎週土曜日は台東区内在住・在学の小中学生とその引率者の入館が無料

e0126489_13405247.jpg

# by yachuda | 2016-09-03 13:33

台東区コレクション展

台東区コレクション-日本絵画の源流、法隆寺金堂壁画・敦煌莫高窟壁画模写-
台東区では、これまで30年以上にわたって、東京藝術大学との芸術・文化交流の一環として若手芸術家の育成支援を目的に、東京藝術大学学生の卒業制作や同大学大学院生の修了制作の作品を収蔵しており、その作品群は区の貴重な文化的財産となっています。
これらの台東区が誇るべきコレクションの中から、「法隆寺金堂壁画」及び「敦煌莫高窟壁画」の模写作品を中心に、台東区長賞受賞作品や書道博物館が所蔵する法隆寺伝来の仏教美術、中国・敦煌出土の書などを、東京藝術大学の協力を得て展示いたします。(台東区HP抜粋)

会場:
東京藝術大学大学美術館(台東区上野公園12- 8) 本館 展示室3、4
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
会期:
2016年9月17日(土)-~10月16日(日)
開館時間:
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:
月曜日(9月19日、10月10日は開館)、10月11日(火)
観覧料:
無料
主催:
台東区、東京藝術大学
後援:
台東区教育委員会、(公財) 台東区芸術文化財団、朝日新聞社
終了しました。
e0126489_13231521.jpg

# by yachuda | 2016-09-02 13:18 | 展覧会情報

第70回記念二紀展

会場  
国立新美術館 
〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期  
平成28年10月12日(水)~10月24日(月)
休館日 
10月18日(火)
開催時間 
午前10時~午後6時(入場は閉館30分前まで)
※最終日24日は14:30終了
入場料 
一般 700円
お子様連れご家族(何名でも)1組700円
大学生以下・障害者手帳をお持ちの方及び付添者1名まで無料
お問合せ先 
〒114-0014 東京都北区田端3-13-2谷中田美術第2ビル
社団法人 二紀会 TEL 03-5685-6791  FAX 03-5685-6792
二紀展の公募出品に関する詳しい内容は下記二紀会HPをご覧下さい
http://niki-kai.com/

弊社は二紀展の指定業者です。
二紀展ご出品の搬入出等代行など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  二紀展係(受付時間9:00~17:00)


e0126489_13563094.jpg

# by yachuda | 2016-08-05 13:56 | 展覧会情報

第80回記念 新制作展

会場
国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 
TEL:03-6812-9921(公募展案内ダイヤル)
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口より美術館西入口に直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩4分
会期
2016年9月14日(水)~ 9月26日(月)
休館日
9月20日(火)
開催時間
10:00~18:00(入場は17:30まで)
※金曜日は20:00終了(入場19:30まで)
※最終日9月28日(月)は14:00終了(入場は13:00まで)
入場料
一般 800円
行動展の入場券半券をお持ちの方400円
大学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方及び付添者1名まで無料
お問い合わせ
新制作協会事務所 〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目28番10号 大阪屋ビル202号
TEL 03-6233-7008
※新制作展の公募についての詳しい内容は下記新制作協会HPをご覧下さい。
http://www.shinseisaku.net/

弊社は新制作展の指定業者です。
新制作展出品の搬入出等代行など弊社まで、お気軽にお問い合わせください。
TEL03-3823-1539(株)谷中田美術  新制作係(受付時間9:00~17:00)

終了しました。
e0126489_1475457.jpg

# by yachuda | 2016-08-05 09:57 | 展覧会情報

夏季休暇のお知らせ

皆様におきましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より弊社ホームページを御覧いただき、厚く御礼申し上げます。
誠に恐縮でございますが、弊社夏季休暇に基づき、
平成28年8月11日(木)~8月15日(日) 迄、
事務お問合せ業務をお休みさせて頂きます。

平成28年8月

株式会社 谷中田美術
〒113-0023東京都文京区向丘2-33-5
TEL (03) 3823-1539
FAX (03) 3821-4476
http://www.yachuda.co.jp/
E-mail info@yachuda.co.jp
# by yachuda | 2016-08-01 09:08 | お知らせ

第52回白士会展

会場   
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)2階 第1展示室
JR「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
会期   
2016年8月22日(月)~ 8月30日(火)
開催時間
AM9:30~17:30(入場17:00まで)
(最終日の入場は13:30まで14:00閉会)
入場料
一般600円(500円) 高校・大学生400円(300円)
※( )団体20名以上
中学生以下と障害者手帳をお持ちの方(付添1名まで)は無料
主催
白士会
後援
東京新聞
白士会に関する詳しい内容等は下記のHPをご覧ください。
http://www.hakushikai.com/index.html
終了しました。
e0126489_191211.jpg

# by yachuda | 2016-07-28 19:01 | 展覧会情報

九州陶磁文化館では毎年現代工芸九州会展が行われていますが、有田焼創業400年を記念して、本年度は第55回日本現代工芸美術展の巡回展作品の72点と九州の作家の作品46点を合わせた118点を展示します。

会場
佐賀県立九州陶磁文化館 第1・第2展示室
〒844-8585 佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
会期
平成28年7月24日(日曜日)~8月7日(日曜日)
休館日
毎月曜日
開館時間
9:00~17:00
観覧料
無料
主催
一般社団法人 現代工芸美術家協会、現代工芸美術家協会 九州会
後援
佐賀県、佐賀県教育委員会、有田町、有田町教育委員会、NHK佐賀放送局、サガテレビ、佐賀新聞社、西日本新聞社、佐賀県立九州陶磁文化館
講演会
平成28年7月24日(日曜日)11時~
会場:講堂
講師:春山文典(現代工芸美術家協会理事)
演題:「現代工芸運動のこれから」
お問い合わせ
現代工芸美術家協会 九州会事務局 馬場九洲夫方
TEL:0955-42-3306
終了しました。
e0126489_18414072.jpg

# by yachuda | 2016-07-04 18:32 | 展覧会情報

改組新第2回 日展青森展

青森県立美術館開館10周年記念 改組 新 第2回 日展 青森展
日本最大規模の総合公募展「改組新第2回 日展」の青森県巡回展。
改組新第2回日展本展の出品作品(日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門)の中から指定された全国巡回作品246点と、青森県県在住、出身、関係作家約22点を陳列します。現代日本美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人の作品まで268点が一堂に展示されます。

会場
青森県立美術館
〒038-0021 青森県青森市安田字近野185 Tel. (017)783-3000
会期
平成28年6月18日(土)~7月10日(日)
休館日
会期中無休
開館時間
午前9時00分~午後6時(入場は午後5時30分まで)
入場料
一般:当日券 1,000円 前売り券 800円
高校・大学生:当日券500円 ※当日券のみ販売
中学生以下:無料
団体割引(20名以上):大人800円 高・大生400円(引率者800円)
※心身に障害のある方は無料(付添者1名含む)
※小、中学生の団体鑑賞は引率者を含め無料(事前の予約が必要)
主催
公益社団法人日展
日展青森展実行委員会(青森県 / 東奥日報社 / 青森朝日放送 / 青森放送 / 青森テレビ)
共催
東奥日報文化財団
特別協賛
青森銀行、みちのく銀行、青い森信用金庫、東北電力青森支店、三八五流通グループ
協賛
カクヒログループ、吉田産業、イマジン、東洋建物管理
特別協力
青い森鉄道、弘南バス
後援
青森県教育委員会、青森県観光連盟、青森県商工会議所連合会、NHK青森放送局、エフエム青森、青森ケーブルテレビ、岩手日報社、秋田魁新報社、北海道新聞函館支社
お問合せ
日展青森展実行委員会事務局
〒038-0021 青森市安田字近野185青森県立美術館内
TEL017-783-5240
終了しました。
e0126489_16283126.jpg

# by yachuda | 2016-06-02 16:16 | 展覧会情報

会場
美術会館 ギャラリー青羅
東京都中央区銀座3-10-19美術家会館1階
会期
2016年6月5日(日)~6月18日(土)
開館時間     
11:00~19:00(初日は13:00から/最終日は16:00まで)
作品を語る会(オープニングパーティ)
6月5日(日) 16:30~18:00
出品者
上松 真弥/岡本 和弘/加山 総子/小西 徳泉/小橋 暁子/桑原 秀栄/境野 里香/志満津 華子/白石 恵里/鈴木 紹陶武 /髙野 眞吾/武本 大志/田村 さつき/時田 直彦/永江 智尚/丹羽 俊揮/長谷川 倫子/細川 大潤/間島 博徳/宮坂 慎司/村上 佑介/ 森 矢真人/安田 陽子 /山本 将之/横山 丈樹/(順不同・敬称略・計25名)
お問合せ
公益社団法人 日本彫刻会  事務所
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-18レジョン・ド・諏訪202
Tel 03(3209)1861
終了しました。
e0126489_1695443.jpg

# by yachuda | 2016-06-01 15:59 | 展覧会情報

猫まみれ展 周南市

周南市文化振興財団創立35周年・山口放送開局60周年記念
猫まみれ展 -アートになった猫たち-浮世絵から現代美術まで

近年大人気の猫。そのかわいい仕草や神秘的な性格は多くの人に愛されています。芸術家も例外ではなく、古今の作家たちは猫をモチーフに多くの作品を創りました。招き猫亭さんはそうした猫の作品に魅せられ収集を続けるコレクターです。本展ではそのコレクションの中から、浮世絵や絵画、版画、彫刻など200点余りを展示します。(周南市美術博物館HPより抜粋)

会場
周南市美術博物館
山口県周南市花畠町10-16
TEL0834‐22‐8880
会期
平成28年7月1日(金)~8月28日(日)
開館時間
9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日
毎週月曜日(但し7月18日祝日は開館・翌日19日休館)
観覧料
一般:1,000円(800円)/ 大学生:800円(600円)
( )内は前売りおよび20名以上の団体
※ニャん割:受付で猫の写真(プリント・スマホ等のデジタルデーターも可)を提示で、当日券より100円割引(他の割引との併用は不可)
※18歳以下無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳等をご持参の方とその介護の方は無料
※本展をご鑑賞の際は、常設展も無料でご覧いただけます
主催
周南市美術博物館(周南市文化振興財団)・KRY山口放送・読売新聞社
後援
山口県・山口県教育委員会・周南市・下松市・光市・田布施町及び各教育委員会
協力
招き猫亭
企画協力
アートシード
お問合せその他
会期中の各種イベント等は下記周南市美術博物館HPをご覧ください。
http://s-bunka.jp/bihaku/
終了しました。
e0126489_1692591.png

# by yachuda | 2016-05-27 16:10 | 展覧会情報

改組新第2回 日展金沢展

日本最大規模の総合公募展「改組新第2回 日展」の石川県巡回展。
改組新第2回日展本展の出品作品(日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門)の中から指定された全国巡回作品246点と、石川県県在住、出身、関係作家約89点を陳列します。現代日本美術界を代表する巨匠から、第一線で意欲的に活躍している中堅、新人の作品まで335点が一堂に展示されます。

会場  
石川県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL:076-231-7580
会期  
平成28年5月21日(土)~平成28年6月19日(日)
休館日 
会期中無休
開館時間  
午前9時30分~午後6時 ※入場は閉場時間の30分前まで
入場料  
一般:当日券 1,000円(前売り券900円・団体800円)
中高生:当日券 700円(前売り券600円・団体500円)
小学生:当日券 400円(前売り券300円・団体200円)
※その他、観覧料減免基準については石川県立美術館ホームページをご参照下さい。
※前売券販売所
北國新聞読者サービスセンター、北國新聞社支社・総支局、北國新聞文化センター、香林坊大和、富山大和、高岡大和 チケットぴあ(Pコード:767-544)、ローソンチケット(Lコード:56327)、セブンチケット(セブンコード:046-006)、石川県内の主要画材店など
主催 
北國新聞社 公益社団法人日展 日展石川会
後援 
石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会、一般財団法人石川県芸術文化協会、一般財団法人石川県美術文化協会、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、金沢ケーブルテレビネット
お問い合わせ
「改組新第2回日展金沢展事務局」(北國新聞社事業部内) 
TEL:076(260)3581
終了しました。
e0126489_1340155.jpg

# by yachuda | 2016-05-10 13:30 | 展覧会情報

第4回陶美展

日本陶芸美術協会は、故十四代酒井田柿右衛門氏の呼びかけにより、全国各地で活躍する陶芸作家が集結し2013年に設立された団体です。
陶美展は日本陶芸美術協会主催の公募展で今回で第4回展になります。

会場
日本橋高島屋6階美術画廊
会期
平成28年5月18日(水)~24日(火)
開催時間
10:30~19:30(但し24日の最終日は16:00閉会)
主催
日本陶芸美術協会
作品解説
5月21日(土)14:00~
解説:石崎泰之(山口県立萩美術館・浦上記念館学芸課長)

e0126489_14401670.jpg

# by yachuda | 2016-05-05 14:29 | 展覧会情報

第46回日彫展東海展

東京都美術館にて開催された「第46回日彫展」の東海展。選抜された地方巡回作品73点に東海三県の地元関係作家の作品33点、計106点の彫刻を展示します。

会場
愛知県美術館ギャラリーG1・G2・H
(名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階)
TEL:052-971-5511(代)
地下鉄東山・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩3分
会期
2016年5月31日(火) 〜 6月5日(日)
開催時間
10:00~18:00(金曜日は20:00まで開館)
※5月15日最終日は16:00閉館
※入場は閉館の30分前まで
入場料
一般 :¥500  高大生:¥300  中学生以下無料
主催
公益社団法人日本彫刻会・中日新聞社・東海テレビ放送
後援
愛知県・ 愛知県教育委員会・名古屋市育委員会

e0126489_1591980.jpg

# by yachuda | 2016-05-01 15:09 | 展覧会情報

第102回光風会東海展

東京の国立新美術館にて開催された「第102回光風会展」の東海展。選抜された地方巡回作品、絵画54点・工芸25点に地元出品作家の作品絵画145点・工芸7点の計231点を展示します。

会場
愛知県美術館ギャラリーA・B・C・D・E・F・G1・G2
(名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階)
TEL:052-971-5511(代)
地下鉄東山・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩3分
会期
2016年5月10日(火) 〜 5月15日(日)
開催時間
10:00~18:00(金曜日は20:00まで開館)
※5月15日最終日は17:00閉館
※入場は閉館の30分前まで
入場料
一般 :¥900( ¥800)※( )は前売料金
大学生以下:無料
主催
一般社団法人光風会・中日新聞社
後援
愛知県・名古屋市・東海テレビ放送
ギャラリートーク
5月11日(水)~15日(日)毎日14:00から開催
お問合せ
光風会愛知連絡所
0561‐21-2871柴田方

e0126489_14425352.jpg

# by yachuda | 2016-04-26 14:43 | 展覧会情報